人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。 ハンセン病、朝鮮学校、沖縄、原発

優生思想

■人権パッチギ通信 2020.07 小暑の候

0801A2pos コロナ騒動でイベント開催も窮屈な状態です。黙って映画を見るだけでもマスクとソーシャルディスタンスが会場貸し出しの条件。会場も定員の半数しか椅子を用意しない入場制限。過剰なコロナ対策が感染者を差別の標的に追いやっていることを自覚してほしい。


 感染者のバッシングをコロナ対策と勘違いしている某小池都知事や議員、マスゴミの対応に「令和の無らい県運動」を見るようだ。ハンセン病の教訓が生かされず残念でならない。
今年も「同じ間違いを繰り返さないためのイベント」を計画しました。
無理のないところでご参加下さい

さて、今日は・・・

島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:8月1日(土)
   ①11:00~12:30 ②13:30~15:00 ③16:00~17:30
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 昨年放映された、NHK朝ドラ「なつぞら」は記憶に新しいと思います。戦争孤児のなつ(広瀬すず)が北海道の牧場に引き取られ、開拓精神あふれるたくましい大人たちに囲まれて成長するというドラマでした。しかし、このドラマに「アイヌ」の存在は一切ありません。北海道の開拓の歴史は「アイヌ」からの収奪の歴史です。開拓魂を賛美するために「アイヌ」の歴史を隠しているように感じます。
アイヌの歴史・現状を学ぶ事により、あらゆる少数民族への理解を深めたいと思います。
主催:多文化共生 みっくすさらだ (問合せ)090-3638-5438 森

■映画「ニジノキセキ」上映会&製作委員トークイベント
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:9月27日(土)
①    11:00~上映 12:30~トークイベント
②    14:00~上映 15:30~トークイベント
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 この映画は朝鮮学校の歴史と学校を取り巻く厳しい現状(ヘイトスピーチ、無償化排除等)に直面している学生、教員、在日同胞に密着した映画です。
 この上映会を通して朝鮮学校とすべての民族教育への理解と、多文化共生の人権意識を深めることを目的としています。
 上映後は製作委員さんをまじえてのトークイベントを用意しています。マスゴミの語らない本当の朝鮮学校と在日朝鮮人の思いをお聞きしたいと思います。
主催:在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会
(問合せ)090-1685-4043(赤井)

高井弘之さん講演会「徴用工問題は本当に解決しているのか?」
1965年に締結された「日韓請求権協定」は経済協力であって、賠償ではないらしい??
会場がコロナロックダウンのため無期延期としていましたが、リベンジ開催計画中です。
日時:10月3日(土)ごろ
松江会場:松江市市民活動センター (STICビル)  13:30~16:00
出雲会場:出雲市塩治有原町出雲コリア文化会館  19:00~
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主催:山陰朝鮮問題研究会 (問合せ)090-5379-2389(長谷川)

■ 計画中
谷元昭信 人権講演会
講演:『日本国憲法にまなぶ』
-憲法改正と緊急事態条項 ときどきワイマール憲法-(仮題)
日時:12月6日(日)ごろ
主催:人権パッチギの会 松江

■ 計画中
教育と地域ケアを考える人権講座
 「親と子どもと世間の貧困を考える」(仮題)
日時:2021年2月ごろ
主催:わ・わ・わの会(和・輪・羽の会)

■残念ながら中止します。
毎年恒例の学美展「第49回在日朝鮮学生美術展 鳥取展」の中止が決まりました。
コロナ騒動による2ヶ月にわたる休校措置で各学校の審査会、中央審査会開催ができないため中止です。2021年度の開催まで今しばらくお待ち下さい。

今日はここまで。
コロナ予防は通常のインフルエンザと同様、「手洗い、うがい、体力」です。
お近くの方は体調を整えてぜひご参加ください。
連絡先:090-3638-5438(森) 

■~ご家族だけで悩まないで~ 内田良子さん 講演会と相談会

 元事務次官の減刑を求める声にしては情けない情報操作が行われている。「暴力を振るうひきこもりは殺されても仕方がない」と言わんばかりの情報と発言である。

 この事件には2つの問題をはらんでいる。
 家庭内暴力やひきこもり(発達障害等)を「恥ずかしい、親が無能だと思われる」と感じ誰にも相談せず隠すこと。状態が悪くなっても隠すという悪循環。
 もう一つは社会の経済活動に効率の悪い物はいらないという優生思想だ。

タイムング良く、と言っては失礼だが、「命の居場所」を考える講演会と相談会が松江市で開催されます。
ぜひご参加ください。

主催者のチラシより
「心理カウンセラーとして40 年以上、子ども若者の声を聴いてきた内田良子さんを講師に迎え、現場
の話も交えながら、全国各地の状況、当事者の思い、悩んでいること、これからのこと、生き方は様々
で良い、などの話を伺い、子どももご家族の方もホッとできる時間を過ごしましょう。」

190617プリエール市民企画講座 講演会と相談会

不登校・いじめ・自死・ひきこもり・発達障がい
子どもたちの命の居場所を考える
~ご家族だけで悩まないで~
講師 : 心理カウンセラーNHKラジオ 元「子どもの心相談」の 内田良子 さん
  チラシ
日時  16 日 ( )   13 : 30 ~ 16 : 30
終了後、質問できなかった方、具体的に相談したい方など、講師との交流相談会あり。お気軽にご参加ください。(参加費無料)

会場 松江市市民活動センター (スティックビル)201・202 研修室
   参加費 500 円

【ひきこもり相談交流会】
6 月 17 日(月) 9 : 30 ~ 11: 30(201・202 研修室)
参加費 500 円(要予約

問合せ先(吾郷) Tel&fax 0852-26-5286 /携帯 090-7773-7917

託児申し込み先 松江市男女共同参画センターTEL:(0852)-32-1190

主催 松江不登校を考える会「カタクリの会」
共催 プリエールねっと・松江市(男女共同参画センター
後援 島根県教育委員会/松江市教育委員会/山陰中央新報社/朝日新聞松江総局/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局/産経新聞松江支局
中国新聞社/新日本海新聞社松江支社/島根日日新聞社/BSS山陰放送
Contact Form

名前
メール
本文
Archive
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ