人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

戦争

■私が〇〇なら「遊就館だけには行きたくない」 ・映画「サクラ花」松江上映会

41 8月21日、はじめて靖国神社遊就館におじゃました。 どこの国も「仕掛けた戦争」は「正義の聖戦」にしたいらしい。

■「欧米の侵略からアジアを守る!」といって、日中戦争から太平洋戦争で亡くなった軍人・軍属は230万人、「6割が餓死した」と言われている。 日本国 民間人の戦没者数は約80万人。 そして日本軍による他国 民衆殺戮は一番少ない資料でも500万人以上だという。

06
 このすべての責任は日本軍の統帥権を持つ国家元首、かつ大日本帝国陸海軍の最高指揮官であった昭和天皇にある。 

43  いくら「遊就館」で侵略戦争を美化して犬死した軍人を慰霊しても、虚しさと怒りしか感じない。 何時の世も政権は天皇を利用して「国を守るために命を投げ出せ!」と国民にる。
 戦争を知らない者をだませても
25、リアルタイムで現場 を知っている昭和天皇はだませなかった。 遊就館の展示資料を観るのが辛かったと思う。
 だって800万人以上の屍を踏みつけて生き残ったのだから。
  私が昭和天皇なら「遊就館だけには行きたく ない!」

 しかし、「戦争の悲惨さと、戦争を始める滑稽さ」を証明しているのも”遊就館”である。

54 
 ■遊就館には戦死を前提とする「特攻兵器」の展示もされている。 回天、海龍、桜花等等。
 その説明文に開発者の氏名が誇らしく記入されて
いる。 開発者の遺族の承諾はとっているのだろうか?
 
特攻隊員戦死者数は5836人( 特攻
隊戦没者慰霊顕彰会)だという。 戦死した隊員の遺族はどのような思いで説明文を読むのだろうか?
 私が特攻兵器開発者の遺族なら「遊就館だけには行きたくない!」

WI8jY18w_400x400 ■12月3日(土)映画「サクラ花」松江上映会があります。 (主催:松江キネマ倶楽部)

 この映画は特攻を通して戦争の悲惨さと残酷さ、平和や命の尊さを訴えた作品です。

15 現在の日本は同じあやまちを歩み始めました。 私たちには過去の戦争で犯したあやまちを記憶していく責任があり、戦争に加担しないことこそが最大の戦没者への慰霊です。 
 だまされる私たちにも責任はあります。 戦争は「だます政権」と「だまされる国民」の両者がいなければ始まりません。40
 

 「国を守る」とは「時の政権を守ること」であり国民を守ることではないことに早く気づかなければなりません。

政治の役割

20141202105811035
 アベさんも、アベさんの神輿を担いでいる連中も耳の穴かっぽじってよぅ聞きんさい!

ん?なんなら!

20141202105901921


20141202105922437














政治の役割はふたつあります。
一つは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。
もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争をしないこと!

2014年11月1日
「オナガ雄志 うまんちゅ 1万人大集会」にて(那覇市営奥武山野球場)


戦後70周年平和記念上映会 第二弾 映画「望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」

boukyo-kane

(2015年9月28日追記)
 遅くなりました 感想集です

 開拓団の親族の方がたくさんおいでになり、感想文もたくさんいただきました。戦争経験者は悲惨さを知っているから反対するのです。悲惨さを身をもって経験していない政府・軍中枢部の親族が利権ほしさに戦争を推進する。
 答えがほしいなら「選挙で落とせ」です。
*********************
******************
映画「望郷の鐘 満蒙開拓団の落日

日時:2015年18日(土)
   ①11:00~12:45
   ②14:00~15:45(上映時間 102分)
料金:一般 前売券:1400円 当日:1700円
   小中高校生以下、障がい者 前売・当日1000円
   ※ 障がい者の介助者1名まで無料
主催:松江キネマ倶楽部 & 戦後70周年平和記念上映会実行委員会
後援:松江市・松江市教育委員会
    山陰中央新報社・中国新聞社・読売新聞松江支局・日本海テレビ・朝日新聞松江総局・エフエム山陰・毎日新聞松江支局・島根日日新聞社・BSS山陰放送・TSK山陰中央テレビ
連絡先:山陰映画センター(中村)090-2003-6623

満蒙開拓団とは 
満蒙開拓平和記念館
中国残留孤児とは

■国家の政策に純粋に協力しただけと言ってもこの事実は一人一人が責任を問われる事になる。
国家に尽くした日本国民は被害者であって加害者であったのです。

だます者とだまされる者が揃わなかったら戦争は起きなかった。

 
■騙されるという事は、恐ろしい事です。
昨年国会は秘密保護法案を成立させました。「同法の問題の根幹は、閣僚の下にいる官僚が恣意的に秘密の指定を増やせる余地がある ことであり、国民は何が秘密にあたるのかすら、知ることができない」と書く新聞もありました。原発は絶対安全だと言っていますが 本当なのでしょうか?近い将来、「やっぱり嘘だった」では済まされないことです。又「同じアジアの中国とは良い関係を作りたい。」 「親と子で、仲良く見ていただけるような映画を作りたい。」そう思っています。
 
■平和ボケと言われても、平和を願ってこの作品を作ります。(監督)

Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ