人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

憲法

■高井弘之さん講演会「徴用工問題は本当に解決しているのか?」

20_0418
みんなで学ぶ戦後史講座
アベ総理の言う徴用工問題は「本当に解決しているのか?」
-植民地支配責任に向き合わない日本-

講師:高井弘之さん
1955年生 愛媛県今治市在住、「四国朝鮮学校の子どもたちの教育への権利実現・市民基金」スタッフ、「えひめ教科書裁判を支える会」スタッフ、「民主主義にとって象徴天皇制とはなにか -天皇制大賛美を目の前にして-」(第四企画、2019年)執筆

日時:18日(土)13:30~16:00
会場:松江市市民活動センター(スティックビル)506研修室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
出雲会場:出雲市塩治有原町出雲コリア文化会館18日(土)19:00~
主催:山陰朝鮮問題研究会
問合先:090-5379-2389(長谷川)

レイバーネット



■谷元昭信さん人権講演会

190922チラシ10月28日追記
感想集が出来ました。
http://pattigi.blog.jp/190922kan.pdf
====================
9月18日追記
講師の谷元さんからレジュメが届きました。
いつになく気合が入っています。
レジュメというより「文章」になっており分かりやすく読めます。晩酌のツマミは最適です。
「靖国の檻」菅原龍憲さんに続いて「天皇制を考える」営み第二弾。
====================
『日本国憲法に学ぶ』
-主権在民と基本的人権の今日的課題-
 新しい年号を迎え日本国憲法の原点に戻り、差別・分断状況克服への課題を探る
【講 師】谷元昭信さん
      大阪市立大学非常勤講師
     【講師略歴】
【日 時】 22日() 14:00~16:30
【会 場】松江市民活動センター(スティックビル)
     201研修室
【参加費】500円 介護者、20歳未満無料
【主催】人権パッチギの会 松江
【問合先】090-3638-5438 森
【後 援】松江市/朝日新聞松江総局/毎日新聞松江支局/フォーラム平和・人権・環境しまね/部落解放同盟島根県連合会

9月8日映画「靖国の檻」上映会&菅原龍憲さん講演会に続く、憲法と主権在民(ときどき天皇制)を考える連続企画です。 ぜひご参加ください。
====================
9月23日追記当日の状況写真です。
01DSC_011902DSC_0120
03DSC_012704DSC_0125
05DSC_0126IMG_2338




■映画「靖国の檻」上映会&菅原龍憲さん講演会

10月1日追記
当日の感想集ができました。

あらためて、参加者の皆様、講師の菅原さん、杉原さんに感謝します。
===================
9月23日追記 
当日の状況写真です。
02DSC_0701 (1)03DSC_0726 (1)
04DSC_0686 (1)06DSC_0715 (1)
05DSC_0670 (1)

===================
190908tiraomote
 浮かれた平成閉店セールと、新元号開店セールも落ち着いた今日この頃、「天皇の戦争責任」と「主権在民」を問い直す映画会と講演会を連続で企画しました。

第一弾
■映画「靖国の檻」上映会&菅原龍憲さん講演会
 日本人に問う。戦死者は「神」か?
日時:9月8日(日)
 ①10:30~11:40 映画『靖国の檻』
  11:50~13:20 菅原龍憲さんと監督を囲んで座談会
 ②14:30~15:40 映画『靖国の檻』
  15:50~17:20 菅原龍憲さんと監督を囲んで座談会

【菅原龍憲さんが提訴した靖国合祀取り消し訴訟とは?】
 2006年、遺族が明白に拒否しているにもかかわらず合祀を取りやめないのは人権侵害であるという訴えを靖国神社に提起し、この訴えは、靖国神社のシステムを明白にあぶり出すものとなりました。(2009年2月26日 大阪地裁は請求を棄却。)

【菅原龍憲(すがはら・りゅうけん)さんのプロフィール
1940年島根県に生まれる。浄土真宗本願寺派正蔵坊前住職。
真宗遺族会代表。戦死した父親(先代住職)が靖国神社に合祀されている。
現在、靖国合祀の取り消しを求める「合祀イヤです訴訟」の原告団長。
「憲法二十条が危ない!緊急連絡会」の発起人の1人でもある。
著書 『「靖国」という檻からの解放』永田文昌堂 (2005年8月刊)『合祀取消』樹花舎(2007年4月刊)

参加費:1000円 18歳未満・介助者無料
主催:人権パッチギの会 松江/部落解放同盟島根県連合会松江支部
後援:フォーラム平和・人権・環境しまね/朝日新聞松江総局
問合せ先 :090-3638-5438

『靖国の檻』(上映時間65分/ 制作=2010「靖国の檻」制作委員会)
プロデューサー:菅原龍憲/監督:はなたろー 撮影:花田真司
編集;Media Farm 協力:靖国合祀 イヤです訴訟団


第二弾 計画中
■谷元昭信講演会
演題:『日本国憲法に学ぶ』
   -主権在民と基本的人権の今日的課題 ときどき天皇制 -(仮題)
日時:9月22日(日)
会場:松江市市民活動センター



■映画「スノーデン」松江上映会

【07/01追記】
31572_n無事完工しました。
満員御礼です。
観ている人の緊張感が伝わってくる映画でした。
エンドロールで「アメリカ政府の違法性を裁判所が認める」とあったが、はたして日本ではどうか?
忖度を美徳とする日本の政治風土で三権分離はむなしく感じるが、「不断の努力」でいろいろなこ事を楽しんでお手伝いしたいと思います。

次回の「緊急上映会」は
日(日) 「いしぶみ」です。 乞うご期待!!

--------------------
0630pos松江キネマ倶楽部25年
  Official Site  チラシ
日時:30日(金) ①14:00~ ②18:30~
会 場:松江市市民活動センター 交流ホール
入場料:一般 前売1100円(当日1300円)
     /高校生 当日のみ800円
     /介助者1名・中学生以下無料
 *PG12:12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当
前売券:県民会館チケットコーナー/プラバホール/今井書店主要各店
主 催:松江市青年団体連絡協議会・松江キネマ倶楽部
協 賛:山陰映画センター
電話・メール予約(前日6月29日まで受付)090-2003-6623 とむ
 E-mail:matsuekinema@gmail.com

安保法制、共謀罪、憲法改悪。
政府は誰のために何をしようとしているのか?
何度もだまされる私たちにも責任はあります。
「政府は必ずウソをつく」
         

■谷元人権講演会無事完工しました

IMG_4374みんなで学ぶ人権事業6
 開会の挨拶は共催の部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 原委員長にお願いしました。

 谷元講演会の演題は国会の情勢をにらみつつ『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』に変更しました。IMG_4375
  感想集
  レジュメ(19ページ)
  参考資料(17ページ)
参加できなかった方も分かりやすいレジュメになっています。

【レジュメから抜粋】
 民主主義の本質は、人民主権である。人民主権を担保する大前提は、人民平等人類平等の原則である。基本的人権は、この平等の原則から導かれる。
したがって、いかなる権利も平等の原則から逸脱してはならないし、平等の原則を破壊する自由は制限される。KC4D0004
 しかし、いかなる意味においても国家権力による恣意的制限は許されず、平等の原則の破壊の場合のみ基本的人権に対する制限は許容される。
 この本質的原理から、「表現の自由は大事だが、差別する自由はない」との原則が導かれるのであり、「差別禁止法」の制定が担保される。(改憲論における「公共の福祉」から「公の秩序」への改正案に注意)
 平等の原則が破壊される時は、徹底した抵抗権が保障される。差別への抗議や糾弾は、抵抗権の行使であり、対抗言論の原則にもとづく「対話の継続」であり、民主主義の根源を護り発展させる取り組みである。
======================================
■来年も「谷元人権講座」をお楽しみに!

映画『不思議なクニの憲法』 松江緊急上映会

チラシ表0625監督 松井久子

 憲法には「私はどう生きるべきか」が書いてある。

 この映画は、憲法論議が政治によって進められるのでなく、主権者である 私たち国民の間に広がることを願ってつくられたものです。
 国のかたちをきめる憲法に、誰もが当たり前に関心を持ち、正しい知識を得、 そして理解を深めるために、歴史的事実を重んじながら 「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾けます。
 怒りや憎しみから出発する議論は広がっていきません。 対立よりも冷静な選択を—。 私たち一人ひとりが個として大切にされる自由な社会を守りたい。 映画にメッセージがあるとすれば、その一点の「希い」のみです。

パッチギの会の活動方針は
憲法12条」と「憲法99条」です。

日時:2016年
626日()
   ① 11:00~13:10 ② 14:00~16:10
場所:松江市市民活動センター(STICビル)
参加料:一般前売 1000円、一般当日 1500円
      18歳以下、介助者無料

映画「不思議なクニの憲法」公式サイト
.
.

バラク・オバマ Youは何しに広島へ?

Cf7l5mOUIAAxkzW 「核なき世界を」と演説しただけでノーベル平和賞をもらったオバマ米大統領が広島平和公園に来るという。 日本は何故か歓迎ムードを演出している。 言うだけなら安倍さんのほうがウワテだが、それに騙されて旗を振っている広島市民も少なくないらしい。

 先月4月10日には核保有国、武器輸出国のG7外相が広島で「核軍縮及び不拡散広島宣言」をしたという。 核保有国が「核を持つのはやめよう」と言い、武器を売っている国が「戦争をやめよう」とうそぶく。
 「盗人猛々しい、お前らが言うな」である。

 オバマを担ぎ出すのに新たな「防衛装備品購入」を持ちだしかねないのが政権にしがみつくアベちゃんだ。
 TPPも熊本地震、原発事故も参議院選挙まで話題にあがるのも少ないのだろう、これも安倍政権の仕掛けた選挙運動と勘ぐるのは私だけか。

 いつも政府は都合の悪い事実を隠すために派手なマスコミ報道を誘導する。
騙される私達にも責任はあります。 情報操作に惑わされないで注意深く情報を判断する姿勢を身につけたい。  「政府は必ず噓をつく」

※バラク・オバマは広島に何しに来るのか
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3554.html


女たちの戦争と平和パネル展

17)従軍慰安婦関係のパネル展
案内チラシ

「金を受け取ったから強制ではない」と男は言う。
 「軍の関与はなかった」と言う割には「韓国でもアメリカでも軍は同じことをやっていた」とうそぶく。
そして「謝罪するからこれ以上蒸し返すな」と「逆ギレ」。  

忘れてはならないのは慰安婦として強制された女性は朝鮮半島だけでなく フィリピン、台湾、インドネシア、オランダ人、そして日本からも集められた事と、この事実を日本の歴史から消したい勢力がいることだ。

  一番最初にしなければいけないのは、金よりもこの問題を後世に正しく伝え、再び同じことが繰り返されないよう恒久的な教育的施策を講じることである。

 バカな大臣の「売春婦発言」はこれからも続くだろう。 蒸し返しているのはいつも日本からだ。

日時:3月日(金)~日(日)
場所:松江テルサ
主催:I(アイ)女性会議しまね 
協賛:あさがおの会、あと1秒、の会、アムネスティ・インターナショナル 松江グループ社民党島根県連合、人権パッチギの会、「ベアテの贈り物」を届ける会
後援:平和フォーラムしまね
 
※かぶりましたが、3月日(土)は 映画「うまれる ずっと、いっしょ」上映会 と「島根CAP」人権教育講演会 もあります。
こちらもお忘れなく参加お願いします。

参考サイト
 アジア女性基金
 日本軍「慰安婦」―忘却への抵抗・未来の責任
 かにた婦人の村-千葉県館山市にある
社会から見捨てられた女性たちが「一生安心して暮らせる」婦人保護施設

中学生の反省文 2015年8月15日

004■設問■
君が戦争をはじめたわけではないけれど、日本の総理大臣として
「侵略」
「植民地支配」
「痛切な反省」
「心からのおわび」
の言葉を使って反省文を書いてください。


 ■安倍君の回答■
日露戦争は、『植民地支配』のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。
事変、『侵略』、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。
 
我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、『痛切な反省』と『心からのお詫び』の気持ちを表明してきました。
 (しかし)あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

評価:あなたは誰にメッセージを出しているのですか?

反省する気のない中学生に反省文を書かすとこうなります。


―憲法について考える学習会―

p07演題:「変えられようとしている憲法」
講師:弁護士 光谷香朱子さん

日時:2015年27日(
    14:00~15:00 講演 
    15:00~16:00 ディスカッション
参加費:無料  チラシ
問合せ:090-3638-3675(田中)

 敗戦70年を迎え私たちを取り巻く社会は大きく変化しました。
憲法改「正」が進められる今、ベアテ・シロタ・ゴードンさんから私たちに贈られた「男女平等」と「平和」を守り続けることができるでしょうか?
 
「戦争させない」ために皆さんと一緒に学びたいと思います。
カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ