人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。 ハンセン病、朝鮮学校、沖縄、原発

みんなで学ぶ人権講座

人権パッチギ通信 2020.07 小暑の候

0801A2pos コロナ騒動でイベント開催も窮屈な状態です。黙って映画を見るだけでもマスクとソーシャルディスタンスが会場貸し出しの条件。会場も定員の半数しか椅子を用意しない入場制限。過剰なコロナ対策が感染者を差別の標的に追いやっていることを自覚してほしい。


 感染者のバッシングをコロナ対策と勘違いしている某小池都知事や議員、マスゴミの対応に「令和の無らい県運動」を見るようだ。ハンセン病の教訓が生かされず残念でならない。
今年も「同じ間違いを繰り返さないためのイベント」を計画しました。
無理のないところでご参加下さい

さて、今日は・・・

島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:8月1日(土)
   ①11:00~12:30 ②13:30~15:00 ③16:00~17:30
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 昨年放映された、NHK朝ドラ「なつぞら」は記憶に新しいと思います。戦争孤児のなつ(広瀬すず)が北海道の牧場に引き取られ、開拓精神あふれるたくましい大人たちに囲まれて成長するというドラマでした。しかし、このドラマに「アイヌ」の存在は一切ありません。北海道の開拓の歴史は「アイヌ」からの収奪の歴史です。開拓魂を賛美するために「アイヌ」の歴史を隠しているように感じます。
アイヌの歴史・現状を学ぶ事により、あらゆる少数民族への理解を深めたいと思います。
主催:多文化共生 みっくすさらだ (問合せ)090-3638-5438 森

■映画「ニジノキセキ」上映会&製作委員トークイベント
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:9月27日(土)
①    11:00~上映 12:30~トークイベント
②    14:00~上映 15:30~トークイベント
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 この映画は朝鮮学校の歴史と学校を取り巻く厳しい現状(ヘイトスピーチ、無償化排除等)に直面している学生、教員、在日同胞に密着した映画です。
 この上映会を通して朝鮮学校とすべての民族教育への理解と、多文化共生の人権意識を深めることを目的としています。
 上映後は製作委員さんをまじえてのトークイベントを用意しています。マスゴミの語らない本当の朝鮮学校と在日朝鮮人の思いをお聞きしたいと思います。
主催:在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会
(問合せ)090-1685-4043(赤井)

高井弘之さん講演会「徴用工問題は本当に解決しているのか?」
1965年に締結された「日韓請求権協定」は経済協力であって、賠償ではないらしい??
会場がコロナロックダウンのため無期延期としていましたが、リベンジ開催計画中です。
日時:10月3日(土)ごろ
松江会場:松江市市民活動センター (STICビル)  13:30~16:00
出雲会場:出雲市塩治有原町出雲コリア文化会館  19:00~
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主催:山陰朝鮮問題研究会 (問合せ)090-5379-2389(長谷川)

■ 計画中
谷元昭信 人権講演会
講演:『日本国憲法にまなぶ』
-憲法改正と緊急事態条項 ときどきワイマール憲法-(仮題)
日時:12月6日(日)ごろ
主催:人権パッチギの会 松江

■ 計画中
教育と地域ケアを考える人権講座
 「親と子どもと世間の貧困を考える」(仮題)
日時:2021年2月ごろ
主催:わ・わ・わの会(和・輪・羽の会)

■残念ながら中止します。
毎年恒例の学美展「第49回在日朝鮮学生美術展 鳥取展」の中止が決まりました。
コロナ騒動による2ヶ月にわたる休校措置で各学校の審査会、中央審査会開催ができないため中止です。2021年度の開催まで今しばらくお待ち下さい。

今日はここまで。
コロナ予防は通常のインフルエンザと同様、「手洗い、うがい、体力」です。
お近くの方は体調を整えてぜひご参加ください。
連絡先:090-3638-5438(森) 

■映画「Ainu | ひと」上映会

0801A2pos島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:日(土)
   ①11:00~12:30 ②13:30~15:00
   ③16:00~17:30
会場:松江市市民活動センター
   (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
後援:松江市、部落解放同盟島根県連合会、フォーラム平和・人権・環境 しまね、朝日新聞松江総局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中国新聞松江支社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局
主催:多文化共生 みっくすさらだ (問合せ)090-3638-5438 森

 昨年放映された、NHK朝ドラ「なつぞら」は記憶に新しいと思います。戦争孤児のなつ(広瀬すず)が北海道の牧場に引き取られ、開拓精神あふれるたくましい大人たちに囲まれて成長するというドラマでした。しかし、このドラマに「アイヌ」の存在は一切ありません。北海道の開拓の歴史は「アイヌ」からの収奪の歴史です。開拓魂を賛美するために「アイヌ」の歴史を隠しているように感じます。

 くしくも放映と同時期、2019年4月19日、国会はアイヌ民族を日本の先住民と認めて支援を行う「アイヌ民族支援法」を制定した。政府が当時の政策の誤りを正し、多様な文化を尊重する共生社会の実現を目指すのは当然ですが、事あるごとに「負の歴史」を覆い隠す行為があとを絶ちません。

 今回の企画は、アイヌの歴史・現状を学ぶ事により、あらゆる少数民族への理解を深めたいと思います。

予告編

■みんなで学ぶ LGBTs人権講座

■2020年2月8日追記
 遅くなりました、報告・感想集です。
 当日の状況写真です。

191201チラシポスター
====================
「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
『ジェンダー、セクシュアリティの人権課題』
-LGBTsから考える、社会の自由・不自由?-
【講 師】仲岡しゅんさん(弁護士)
【日 時】12日(日) 14:00~16;00
【会 場】松江市民活動センター(スティックビル)
     201研修室
【参加費】500円 介護者、20歳未満無料

 講師の仲岡さんは「部落差別や民族差別と似た構図が性的少数者への差別にも見られる」と話し、男女以外の少数派の存在と多様性を、社会全体が認識する必要性を訴えています。自らの体験をまじえながら、LBGTに対する正しい知識と理解を深める講演会にしたいと思います。

講師プロフィール
 関西大学法科大学院卒業。知的障碍者ヘルパーや学童保育指導員等を経験した後、司法試験に合格し、弁護士に。戸籍上は男性だが、女性弁護士として、性にまつわる法律問題、刑務所での性的少数者への処遇改善などにも奔走している。

【主催】多文化共生みっくすさらだ
【共催】部落解放同盟島根県連合会松江支部
【問合先】090-1685-4043(赤井)
【後 援】松江市/
フォーラム平和・人権・環境しまね朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局

■谷元昭信さん人権講演会

190922チラシ10月28日追記
感想集が出来ました。
http://pattigi.blog.jp/190922kan.pdf
====================
9月18日追記
講師の谷元さんからレジュメが届きました。
いつになく気合が入っています。
レジュメというより「文章」になっており分かりやすく読めます。晩酌のツマミは最適です。
「靖国の檻」菅原龍憲さんに続いて「天皇制を考える」営み第二弾。
====================
『日本国憲法に学ぶ』
-主権在民と基本的人権の今日的課題-
 新しい年号を迎え日本国憲法の原点に戻り、差別・分断状況克服への課題を探る
【講 師】谷元昭信さん
      大阪市立大学非常勤講師
     【講師略歴】
【日 時】 22日() 14:00~16:30
【会 場】松江市民活動センター(スティックビル)
     201研修室
【参加費】500円 介護者、20歳未満無料
【主催】人権パッチギの会 松江
【問合先】090-3638-5438 森
【後 援】松江市/朝日新聞松江総局/毎日新聞松江支局/フォーラム平和・人権・環境しまね/部落解放同盟島根県連合会

9月8日映画「靖国の檻」上映会&菅原龍憲さん講演会に続く、憲法と主権在民(ときどき天皇制)を考える連続企画です。 ぜひご参加ください。
====================
9月23日追記当日の状況写真です。
01DSC_011902DSC_0120
03DSC_012704DSC_0125
05DSC_0126IMG_2338




■映画「道草」松江上映会

1907137月18日追記
感想集できました。

=================
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
映画「道草」Official Site
日 時:13日(
 ①11:00〜12:30
 ②13:30〜15:00 
 ③17:00〜18:30
会 場:松江市市民活動センター 504講義室
参加費:前売券 1000円/当日券 1300円
     介助者1名、18歳以下無料
主催:和と輪と羽の会/部落解放同盟島根県連合会松江支部
お問合せ・電話予約:080-6311-3310
後援:松江市/フォーラム平和・人権・環境しまね/朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局
----------------------
 知的障「害」がある人の暮らしの場は少しずつ広がっていますが「重度」とされる人の多くは未だ入所施設や病院で隔離されているのが実情です。
 そんな中、2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的・精神障「害」者もヘルパー(介護者)付きでひとり暮らしが出来る可能性が大きく広がりました。
 この映画はヘルパー(介護者)付きでひとり暮らしをはじめた4組にスポットを当てた映画です。
 
 高校を卒業して自立生活をはじめて6年の岡部亮佑(オカベ・リョースケ)さん。10年間の入所生活、1年間の入院期間を経てハタチで自立した、桑田宙夢(クワダ・ヒロム)さん。入所生活を経て3年前に自立するも、騒音などで家を替えること3度。自分を探す旅を介護者とつづけている、中田裕一朗(ナカダ・ユウイチロー)さん。津久井やまゆり園に入所していた2016年、殺傷事件の被害にあい一命を取り留め両親と自立を目指しはじめている、尾野一矢(オノ・カズヤ)さん。
 
 障「害」者を排除・隔離するのではなく、障「害」を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるような社会を皆さんと模索したいと思います。 ぜひご参加ください。


   

■ハンセン病家族訴訟講演会

4月20日追記
DSC_0647「ハンセン病家族訴訟講演会」盛会の内終了しました。
感想・報告集

DSC_0648当日のレジュメです
1.竪山 勲 さんプロフィール
2.ハンセン病家族訴訟とは?(竪山勲)
DSC_06543.鴨志田さんレジュメ
4.大崎事件報告
http://pattigi.blog.jp/190414oosaki.pdf
DSC_06495.39年間無実を訴える原ロアヤ子さん、91歳に
6.ハンセン病療養所の現在と歴史

DSC_0651 ハンセン病・冤罪事件だけでなく市民に嘘の情報を流す権力犯罪があふれています。朝鮮学校、沖縄、原発。ハンセン病の悲劇を二度と繰り返さないということは、国家権力による嘘、情報操作を見破り、微力ですが行動を起こすことだと感じています。
 安倍政治は 「寄り添う」 と言いながら、金をバラマキ当事者を踏みつけています。竪山さん、鴨志田さんのお話を通して、「寄り添うとはともに闘うことだ」と教えていただきました。 微力ですができることを継続して当事者と共に闘いたいと思います。

追記ここまで
------------------------
0223チラシ「思いよとどけ!」
ハンセン病問題はまだ終わっていない!
-強制隔離は家族の人生も奪った-
日時:14日(日)
    10:00~12:30 講演
    13:30~15:00 質疑応答
会場:松江市民活動センター504講義室

ハンセン病への差別、偏見は国策によってつくられました。
 国が人びとの意識の中に植え付けてきたハンセン病に対する差別偏見により、その家族たちも被害を受けました。家族たちが受けた被害を明らかにし、国に対して謝罪と損害賠償を求める訴訟の判決が5月31日 熊本地裁であります。
  今回、家族訴訟原告団顧問の竪山さんと弁護士の鴨志田さんから、訴訟の意義、経過、問題点、国の詭弁を解説していただきます。ハンセン病問題はまだ終わっていません!
真実を知らされなかった私たちも『加害者という名の被害者』なのです。ぜひご参加ください。

参加費:1000円 介助者、20歳未満無料
後 援:島根県(申請中)/主 催:人権パッチギの会松江、部落解放同盟島根県連合会松江支部
問合先:090-3638-5438 森


■朝鮮学校の歴史に学ぶ―朴金優綺(ぱくきむ・うぎ)さん講演会

3月9日追記
講演会の感想集がようやく出来ました。

3月15日から米子美術館で朝鮮学校の生徒さんの美術展が開催されます。
お近くの方は是非お立ち寄りください。
http://gakubi.blog.jp/

_/_/_/_/_ /_/_/_/_/
2月18日追記
朴金さんの講演会 盛会で完工しました。

DSC_0519

DSC_0522
DSC_0521
DSC_0517
DSC_0514

講演会の感想集は後日公表します。
_/_/_/_/_ /_/_/_/_/
チラシポスター0217「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
演題「在日朝鮮人の子どもたちの教育権と国際社会の声」
講師:朴金優綺(ぱくきむ・うぎ)さん
    (在日本朝鮮人人権協会事務局)
日 時:2019年17日(
会 場:松江市市民活動センター(スティックビル)501研修室
参加費:500円、介護者、20歳未満無料

 北朝鮮「制裁」に名を借りた在日朝鮮人への人権侵害は国家による犯罪であり、日本人の人権意識が問われる問題だと考えます。朝鮮学校に対する「授業料無償化排除、助成金カット」は人種差別撤廃条約、国際人権規約、子供の権利条約に違反する犯罪であり、国の過ちを表に引きずり出すのは市民の義務です。
 日本は世界からどう見られているのか?
 なぜ朝鮮学校が日本で差別を受けるのか?
 「多文化共生」とは民族教育を理解する事!
 国策による民族差別を検証する!
 今回、朴金さんをお招きし、朝鮮学校に対する人権侵害の実態、国連人種差別撤廃委員会の是正勧告内容を報告していただきます。ぜひご参加を!

【講師 プロフィール】
180816   在日朝鮮人3世の人権活動家。在日本朝鮮人人権協会事務局員、朝鮮大学校講師、歌手。朝鮮学校差別問題をはじめとする在日朝鮮人の人権問題や日本軍性奴隷問題について国連人権機関で働きかけを行ってきた。2017年、国連主催の「マイノリティ・フォーラム」に日本から初のパネリストとして参加、在日朝鮮人の子どもたちの教育権について報告。主な論文に「北海道における朝鮮人強制連行・強制労働と企業「慰安所」」(『大原社会問題研究所雑誌』687、2016年)。主な論考に「朝鮮学校『無償化』除外と在日朝鮮人の子どもたちの教育権」(在日本朝鮮人人権協会編集・発行『人権と生活』46号、2018年)。

主 催:在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会
後 援:松江市/朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局/フォーラム平和・人権・環境しまね/在日本朝鮮人総聯合会島根県本部
問い合わせ、電話予約:090-3638-5438(森)
a60b6c


■映画「ある精肉店のはなし」松江上映会

seiniku_A3_2島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
「ある精肉店のはなし」Official Site
日 時:11月25日(日)
 ①10:30~12:20
 ②14:00~15:50 
 ③18:00~19:50
会 場:松江市市民活動センター 504講義室
参加費:前売券 1000円/当日券 1300円
     介助者1名、18歳以下無料
主催:和と輪と羽の会
お問合せ・電話予約:090-3372-5685(阪本)
後援:松江市/朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局

「いのちを食べて人は生きる。」
 映画の冒頭で屠畜シーンがあるが、「ここから目を背けてはいけない」という監督の気概が感じられる。
 屠畜→解体→捌き→販売 北出精肉店の敬意を払って「いのちをいただく」姿勢から多くのことを学ぶはずだ。
----------------------
 この映画は被差別部落の人々とその生業を正面から扱っているわけだが、不思議なほどに透明で、この種の映画に特有の社会的なメッセージ性がほとんどない。それはたぶん監督が、獣を育てて、殺して、食べるという散文的な作業を淡々と続けている北出精肉店の人々のはるか背後に、数千年という射程をもち、世界のあらゆる集団に拡がる「人類の営み」を感知したからではないか。(感想集より)
----------------------
ぜひご参加ください。
  
          予告編

■映画「蒼(そらいろ)のシンフォニー」上映会と監督ステージトーク

==============
10月12日追記
 「報告書&感想集」仕上がりました。ご一読ください。
 上映後の監督との質問タイムでは朝鮮学校を理解する楽しい時間となりました。
 監督と参加していただいた皆様に感謝申し上げます。 
==============
  Story  監督紹介  
日 時:9月15日(土)
 ①10:30~12:20 映画
   12:30~13:10 監督トーク
 ②14:00~15:50 映画
   16:00~16:40 監督トーク
 ③18:00~19:50 映画
会 場:松江市市民活動センター 504講義室
参加費:前売券 1000円/当日券 1300円
     介助者1名、18歳以下無料

 「 特定の民族や国籍の人々を,合理的な理由なく,一律に排除・排斥することをあおり立てるもの 」 この行為を法務省は「ヘイトスピーチ」と規定している。法務省のHP
 上記の言葉を借りると、朝鮮学校に対する高校無償化、助成金からの排除を煽り立てている行為は国による 「ヘイトスピーチ」 と言えよう。 「拉致事件に関係ない朝鮮学校をも制裁対象にするアベ政権は国連人権委員会から何度も是正勧告を受けている。 
 悲しいのはマスコミも人権を謳う識者からも反論の声が小さく、政権に同調した共和国(北朝鮮)、朝鮮学校へのバッシングが多いことだ。一方的な悪意に満ちた情報が流され、本当の姿が歪められている。
 
 この映画は茨城朝鮮高校三年生の祖国訪問(朝鮮民主主義人民共和国)に同行し、すべての日程を共にしながら撮影した日本・韓国・朝鮮、三つの国境をまたいで撮影されたドキュメンタリー映画です。
 共和国・朝鮮学校に疑問を持っている人はぜひ見てほしい。平壌市民と朝高生の笑顔あふれる交流に真実を感じてほしい。

  日本で生まれ育った朝鮮学校の生徒たち。生徒たちは、困難や逆境の中でも、明るく笑い、元気に歌い、そして堂々と前を向き、しっかりと夢を語ります。
 私はこの生徒たちの姿の中に、世界中の人々に通じる普遍的な何かが存在すると確信しています。この映画を日本だけでなく、世界に届けたい。そんな想いを込めて「蒼のシンフォニー」を制作しました。
   チラシ(PDF)  

朴英二(パク・ヨンイ)プロフィール
 1975年大阪府大阪市生まれ。
神奈川朝鮮中高級学校を卒業後
(第58期生)、朝鮮大学校政治経済学部哲学科へ。卒業後、バンタン映画映像学院にて映画を学び、卒業作品として制作した短編映画「まと う」は、日本•韓国•朝鮮3ヶ国の映画祭にて上映。その後も多ジャンルの映画や映像に携わりながら、10年にわたり全国各地の朝鮮学校を撮影し続ける。 

【前売券取扱所】
 今井書店(田和山、学園、スタジオワンダー イオン)
 島根県民会館チケットコーナー、プラバホール
 問い合わせ・電話予約:090-1685-4043(赤井)
主 催:多文化共生みっくすさらだ
後 援:松江市/フォーラム平和・人権・環境しまね/朝日新聞松江総局
     山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局 
 

■谷元昭信さん人権講演会


「明治150年 今、分断社会・日本」
-社会的分断を乗り越える社会連帯実現への課題-
  明治150年の社会政策のあり方を問いなおし、
   差別・分断状況克服への課題を探る

【講 師】谷元昭信さん 大阪市立大学非常勤講師
日 時 729日() 14:00~
会 場】松江市民活動センター(スティックビル)201研修室
【参加費】500円 介護者、20歳未満無料
【後 援】松江市/朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局/フォーラム平和・人権・環境しまね/部落解放同盟島根県連合会

 現在の日本社会における差別・分断状況を作り出した原因が、明治以降の150年にわたる社会政策のあり方にあったのではないのか。
 その政府の社会政策の罠に多くの人たちが取り込まれたまま脱却しきれない状況が、安倍政権の危険な政治動向に歯止めをかけえず、大きな政権打倒の力に結集できていない。
 今回の講演では日常生活圏域に存在している日本の社会的分断状況という現状を直視することによって、真の「社会連帯」の原動力を創りだしていく課題を探ってみたいと思っています

 政府は「明治の精神に学べ」と叫ぶが、
  明治の精神とは「侵略と戦争」であった。
 足下からの「連帯」を創り出さなければ、日本が抱える大きなリスクに対峙していく有効な力になりえない。

主催】人権パッチギの会 松江  問合先:090-3638-5438 森
Contact Form

名前
メール
本文
Archive
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ