人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

みんなで学ぶ人権講座

■映画「60万回のトライ」松江上映会

1105A2映画「60万回のトライ」 official site
日時:21日(
   ①10:30~12:20 ②14:00~15:50
   ③18:00~19:50
 ※朴思柔(パク・サユ)・朴敦史(パク・トンサ)監督
   ステージトーク
( 手話付)
   12:30~13:10 / 16:00~16:40
会場:松江市民活動センター
   (スティックビル)504講義室
前売券:1000円 当日券:1300円 介助者1名/18歳以下 無料
【島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業

主催:多文化共生みっくすさらだ、人権パッチギの会松江
後援:松江市、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、島根日日新聞社、山陰中央新報社、中国新聞社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局
連絡先: 090-1685-4043( 赤井)

1105A4ura 今回の映画は映画「ウリハッキョ」に次ぐ朝鮮学校-大阪朝鮮高級学校のラグビー部に焦点をあてた長編ドキュメンタリーであり、高校無償化問題をはじめとした在日コリアンを取り巻く現状とラグビー部愛をベースとした青春映画です。
 拉致問題を解決したくない日本政府は、北朝鮮敵視政策の一貫として朝鮮学校への民族差別を国民に煽っています。高校授業料無償化排除に始まり、補助金支給中止を各自治体に要求する行為は幾多の国際人権条約に抵触し国連人権委員会から何度も勧告を受けています。 いまや日本人の人権文化が問われているのです。
 朝鮮学校の歴史や現状を知ろうとしないアベ政権やその取り巻きは「補助金が総連に渡り本国に流れている」とデマを流すが、足りない学校運営費をなんとか補っているのが各地のオモニ会(PTA)であり、総連であり、祖国からの教育援助金と奨学金であることを知ってほしい。
 子を思う親の気持ちは日本も朝鮮も同じであり、教育を受ける権利は日本人も朝鮮人も同じです。あまりにも偏見に満ちた報道、露骨な情報操作が多い中で、この映画のメッセージを感じてもらい、お互いに理解しあえる関係を作ることを目的としています。

image また、2月には「在日朝鮮学生美術展(島根松江展)」を予定しています。2月1日(木)~4日(日)、会場は島根県立美術館です。ぜひこちらにも足を運んでいただき、朝鮮学校の理解を深めていきたいと思います。

■ハンセン病の歴史に学ぶ講演会

【10月17日追記】
KC4D0016KC4D0019KC4D0020

無事完工しました。
 戦前、韓国のソロクト治療院でも日本と同様、隔離政策がおこなわれたそうです。
ハンセン病の歴史を学ぶこととは「同じ間違いを繰り返さない」ことです。
行政が関与し、国民が競って加担した人権侵害が現在でも沖縄、原発、朝鮮学校に対して同じことがおこなわれています。主権者である私たち市民の姿勢が問われています。よく考えて、選挙に臨んで下さい。
 「何度も騙される私達にも責任はあります。」
 
                  【追記ここまで】
===================
171014演題:「日本のハンセン病史と朝鮮人」
講師:福原孝浩さん
    (ハンセン病市民学会会員)
映像視聴:『海峡越えた問いかけ
        ・韓国ハンセン病患者の90年』
    当日のレジュメ   韓国ソロクトハンセン病治療院
日 時:1014日(土) 15:00~
会 場:松江市民活動センター
     (スティックビル)504講義室
参加費: 500円 介護者、20歳未満無料
主 催:人権パッチギの会 松江
問合先:090-3638-5438 森

今回は日本以外のハンセン病『
患者』に焦点を当てた講演です。
韓国唯一の国立ハンセン病療養所「小鹿島更正園」(現国立ソロクト病院)、台湾唯一のハンセン病療養所
楽生院。) 「らい予防法」が改正された昭和 6年(1921年)時は韓国も台湾も日本の統治下にあり、当時の入所者の処遇は本土以上に厳しい状況だと予想できます。その後の補償問題でもたくさんの欺瞞を残しました。
 
 同じ間違いを犯さないよう、私たち一人一人の姿勢が問われています。
 ぜひご参加下さい。

優生思想関連DVD視聴会
医療と教育について考える会 (自動保存済み) 13:00~14:30
 講演会開始に先立ちまして、同会場にて午後1時から優生思想に関連したDVD上映と視聴感想会を開催します。

医療と教育について考える会


 
 

■みんなで学ぶ人権講座 7

【10月4日追記】
「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
谷元昭信 講演会 『冬枯れの光景』-部落差別克服への根本課題-
無事完工しました。
KC4D0011KC4D0009

KC4D0007KC4D0006

 要約筆記、手話併用の講演会は初めてであり、担当者さん泣かせの講演会ではありましたが、無事乗り切っていただきました。いろいろな課題も見えてきた充実の講演会でした。
 来年も谷元講演会やります。 これからもご参加ご協力お願いします。(追記ここまで)
======================

1001チラシポスター「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」

谷元昭信 講演会
『冬枯れの光景』
-部落差別克服への根本課題-  当日レジュメ
「冬枯れ」は枯渇の状態ではなく新たな生命・新たな息吹きへの力を蓄えている状態である。
日 時:10日(日) 14:00~16:00
会 場:松江市民活動センター
     (スティックビル)201研修室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主 催:人権パッチギの会 松江
後 援:島根県教育委員会、松江市、松江市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞松江総局、読売新聞松江支局、島根日日新聞、山陰中央新報社、毎日新聞松江支局
問合先:090-3638-5438 森

 谷元先生にはこれまで、「憲法」、「冤罪」、「権力への隷従」、「民主主義」と多方面からの人権課題を展開していただきました。今回は約50年近く部落解放運動を推進してきた
自らの歩みと実例を挙げながら、部落差別克服への根本課題を探りたいと思います。
 
※谷元さんが本を出版されました。今回も気合が入っています。ぜひ足をお運びください。
  冬枯れの光景-部落解放運動への黙示的考察 -
  四六判 360頁 定価2000円+税
【著者略歴】
1951年 岡山県北部の農山村の被差別部落で生まれる。
1970年 大阪市立大学法学部入学と同時に、部落解放運動に参画。
1973年 部落解放同盟大阪府連合会西成支部青年部に所属。
1974年 部落解放研究所に勤務。
       部落解放全国行進隊および狭山中央オルグ団に参加。
       解放出版社に勤務。
1975年 部落解放同盟中央本部に勤務。
1982年 部落解放同盟中央本部事務次長に就任。
1988年 反差別国際運動(IMADR)事務局次長に就任。
1990年 部落解放同盟中央本部事務局長に就任。
1992年 部落解放同盟中央執行委員に就任。
       部落解放同盟大阪府連特別執行委員に就任。
1994年 部落解放同盟中央書記次長に就任。
1996年 上記役職辞任。
       部落解放同盟西成支部副支部長に就任。
       ヒューマンライツ教育財団理事に就任。
1998年 大阪市立大学非常勤講師に就任。
2000年 部落解放同盟中央執行委員に再就任。
        同 大阪府連特別執行委員に再就任。
2002年 部落解放同盟中央書記次長に再就任。
       反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)事務局次長に就任。
2004年 部落解放同盟西成支部特別執行委員に就任。
2012年 部落解放同盟関係役員を退任(3月31日)。
       (社)部落解放・人権研究所 運動理論部会副部会長に就任。
       (株)ナイス 政策研究室室長に就任。
       〔ナイスは「Nishinari Inner City Enterprise」の略〕
現在  大阪市立大学非常勤講師(1998年~現在)。
      関西学院大学非常勤講師(2017年~現在)。



■映画「ぼくと駄菓子の家」松江上映会

1105posutaA2日時:2017年11日(
上映時間 ①11:00~12:15  ②14:00~15:15
予告編
吾郷雄二さん講演会 ①12:20~13:00 ② 15:20~16:00
演題:『 一緒に遊ぶ・学ぶ』  
子どもの居場所 フリーダス代表
会場:松江市民活動センター(スティックビル)504講義室
主催:わ・わ・わの会(和と輪と羽の会)
共催:部落解放同盟島根県連合会女性部/子どもの居場所・フリーダス
後援:松江市、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中国新聞社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局

「わ・わ・わの会」さんは、毎年「子どもと地域のおいちゃん、おばちゃん」をテーマにした映画の上映会をしています。

 この映画は子どもたちの駆け込み寺となった駄菓子屋さんにカメラを据えた映画『ぼくと駄菓子のいえ』の上映をとおして、地域で子どもや親の『居場所』の必要性を考える映画です。通ってくる子供たちを、まるで自分の息子のように接し、懸命に向きあう姿と、決して順調とは言えなくても、必死に前を向いて歩もうと、もがく子供たちを地域で支える環境を提案します。
 松江市でフリースクールを運営している吾郷さんから子どもたちの現状と展望をお聞きします。

映画「さとにきたらええやん」松江上映会
映画「「みんなの学校」松江上映会
映画「うまれる ずっと、いっしょ」松江上映会

■「さとにきららええやん」感想集できました。

IMG_4766 「さとにきたらええやん」松江上映会
  (2017/03/04)
 無事故で完工しました。

感想・報告集が出来上がりました。(PDF)
(感想集より抜粋)
■「子どもの里」の存在を知り、子どものためにも親のためにもとても良い場所だと思いま した。虐待が増えている中で、こどもの里があると親が心のコントロールをして我が子を傷 つけずに済むと思いました。虐待は虐待をする人だけの問題ではなく、周りの人が力を貸 していくことが最重要だと思いました。(松江市 20歳代)  
〜〜〜
〜〜〜
 澤田さんの講演と上映会で、子どもも大人も安心できる“居場所”とは何 かを考えることができました。
 次回もご参加、ご協力よろしくお願いします。 
 

IMG_2504IMG_2506






IMG_4770KC4D0005IMG_2517







■「さとにきたらええやん」松江上映会

WS000000
日時:2017年日(
上映時間 (1)10:00~11:40  (2)14:00~15:40
澤田直美さん講演会 11:50~13:20
演題:『 私は私らしく生きたい~地域の人のかかわりから「おせ」
にしていただきました~
 みらい子育てネット鳥取県地域活動連絡協議会 会長
 みらい子育てネットとは?
会場:スティックビル5F交流ホール  チラシ(PDF) ポスター(PDF)

「あなたの子供はあなただけの子供ではない」
 これはデンマークにおける国づくりの基本理念だそうだが、初めて聞いたときは新しい発見にビックリし、納得し、そして考えさせられた。 医療費、教育費無料もこの言葉でうなずける。日本でも「子は国の宝」の言葉はあるが、あくまでも自己責任の範囲で、最後は国も知らん顔である。
 今回の映画は、大阪市西成区釜ヶ崎“日雇い労働者の街”で「おとなと子どものしんどい時の居場所」を提供している「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも力強く成長していく子どもたちと、彼らを支える職員たちに密着した映画です。
 
子どもたちを巡る状況が急激に変化している今、あらためて注目されている「こどもの里」の取り組みは、これからの社会を歩む私たちに子どもも大人も安心できる“居場所”とは何かを問いかけています。

 「
あなたの子供はあなただけの子供ではない」
 「まちの子はみんなわが子」
 これらの理念のむこうに明るいものを感じます。

 上映会、澤田講演会に是非ご参加ください。
 

ファミリータイムとは?KC4D0011
 ちょっと騒いでも大丈夫!赤ちゃんや子どもと一緒に映画を観れます。
 趣旨をご理解の上で赤ちゃん同伴でない方も入場できます。場内を少し明るくし、音量も少し大きめにします。
 「映画は観たいけれど小さい子どもがいるから無理…」とあきらめていたお母さん、お父さんのために膝の上、あるいは抱っこしていただいた状態で鑑賞できます。

一般前売り1,000円 当日1,300円 介助者1名・学生以下 無料
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
主催|わ・わ・わの会(和と輪と羽の会) 共催|部落解放同盟島根県連合会女性部
後援|松江市/松江市教育委員会/島根県教育委員会/朝日新聞松江総局/ NHK 松江放送局/山陰中央新報社/島根日日新聞社/中国新聞社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局
問い合わせ 090-3372-5685(阪本)



■谷元人権講演会無事完工しました

IMG_4374みんなで学ぶ人権事業6
 開会の挨拶は共催の部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 原委員長にお願いしました。

 谷元講演会の演題は国会の情勢をにらみつつ『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』に変更しました。IMG_4375
  感想集
  レジュメ(19ページ)
  参考資料(17ページ)
参加できなかった方も分かりやすいレジュメになっています。

【レジュメから抜粋】
 民主主義の本質は、人民主権である。人民主権を担保する大前提は、人民平等人類平等の原則である。基本的人権は、この平等の原則から導かれる。
したがって、いかなる権利も平等の原則から逸脱してはならないし、平等の原則を破壊する自由は制限される。KC4D0004
 しかし、いかなる意味においても国家権力による恣意的制限は許されず、平等の原則の破壊の場合のみ基本的人権に対する制限は許容される。
 この本質的原理から、「表現の自由は大事だが、差別する自由はない」との原則が導かれるのであり、「差別禁止法」の制定が担保される。(改憲論における「公共の福祉」から「公の秩序」への改正案に注意)
 平等の原則が破壊される時は、徹底した抵抗権が保障される。差別への抗議や糾弾は、抵抗権の行使であり、対抗言論の原則にもとづく「対話の継続」であり、民主主義の根源を護り発展させる取り組みである。
======================================
■来年も「谷元人権講座」をお楽しみに!

■「ヘイトスピーチ解消法」と「部落差別解消法案」の問題点と課題を考える

1204日 時:12日() 14:00~
演 題:「ヘイトスピーチ解消法」と「部落差別解消法」の今日的課題
 あらため 『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』 国会情勢をにらみながら調整変更しました)
講 師:谷元昭信  大阪市立大学非常勤講師
会 場:松江市民活動センター(STICビル)
主 催:人権パッチギの会 松江
共 催:部落解放同盟島根県連合会松江支部/部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 

 今年の4月1日から「障害者差別解消法」が施行され、「ヘイトスピーチ解消法」は6月3日に施行された。 そして、今国会で「部落差別解消法案」が審議される予定になっている。 また、「LGBT差別解消法案」も今後提出される予定である。

08_2 いずれも国連で採択された国際条約(障がい者権利条約人種差別撤廃条約)にもとづいて作られた国内法だが、処罰立法措置の有無等、問題点・課題も少なくない。

 当然のごとく、法律だけが出来ても差別は解消しないのは承知しているが、まず「行政サービス」から改善できることは歓迎したい。 しかし、法的運用の理念、行使を間違えると差別の拡散・連鎖を伴うことも肝に銘じなければならない。

 過去、谷元先生には、「憲法改正問題」、「冤罪の構図」、「無自覚な権力への隷従の罪」を分かりやすく、そして歯切り良く解釈、展開していただきました。 今年も各差別解消法成立の過程と背景を分かりやすく整理することで今後の課題をあぶり出し、より一層の理解を深めたいと思います。

朴 保 「怒りの平和ライブコンサート」8.6

0806pos 隷従を美徳と思い込み、不正があっても自分で行動を起こさず愚痴ばかり。 スポーツ、芸能・エロネタで不満を埋め、マスコミの報道を疑いもせず信じ込み、「バカな議員ばかりだから」と言いながら、同じバカな政党、議員に投票する。

 朴保(パク・ポー)の歌はこんな僕達に静かな怒りで頬を打つ。

 彼の特異な点は、その全キャリアを通じて、日本と朝鮮半島のみならず、アメリカン・ロック、レゲエ、そしてネイティヴ・アメリカン、アイヌ、沖縄(琉球)、といった先住民族など、様々な文化的な領域を縦横無尽に行き来することで培い、研ぎ澄ませてきたマルチ・カルチャーな世界観にある。

 ヒロシマの日に、歌で人権・
憲法・原発を考える平和ライブ・コンサートを開催します。 
朴保(パク・ポー)の怒りの叫び(歌)を聴け!

朴保Pak Poe official site
朴保とは何者なのか?

86日(土) 出演:朴保(vo.g,pf) 中川卓也(g)
開場13:30      開演14:00~16:00  チラシ
会場:松江市市民活動センター(スティックビル)5F交流ホール
前売り1000円/当日1500円(介助者・18歳未満は無料)
主催/在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会

島根県委託事業:みんなで学ぶ人権事業

後援/島根県、松江市、島根県教育委員会、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中国新聞松江支社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局

『この世の終わりなど見たくはない』


~在日コリアンアーティスト朴保~ 
2003年11月制作/30分作品

==============
【9/9追記】
当日の状況写真です。

2629












26









6326_n



映画「うまれる ずっと、いっしょ」上映会 と&「島根CAP」人権教育講演会のお誘い

ポスター【5月10日追記】
大変遅くなりました。
映画「うまれる ずっと、いっしょ」の感想集&報告集
(PDF1.6MB) ができました。
みなさん ご参加、ご協力ありがとうございました。

次回は3月頃に
映画「さとにきたらええやん」を計画中です。
乞うご期待です!!

----------------------------------------------------------
島根県委託事業・みんなで考える人権事業】
映画「うまれる ずっと、いっしょ。」

http://www.umareru.jp/
島根CAP 原代表よる人権教育講演会
 島根CAPとは
2016年35日(土)  チラシ
1 回目 1 0 : 0 0 ~ 1 2 : 1 0(ファミリータイム
講演 1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
  島根CAP 原代表よる人権教育講演会
2 回目 1 4 : 4 0 ~ 1 6 : 5 0
※ファミリータイムとは?
 ちょっと騒いでも大丈夫!赤ちゃんや子どもと一緒に映画を観れます。趣旨をご理解の上で赤ちゃん同伴でない方も入場できます。 場内を少し明るくし、音量も少し大きめにします。
************************************************************
pdf イジメ、不登校、ひきこもり、児童虐待、育児放棄。社会環境のいびつな変化は子どもたちに多種多様な影響を与えています。
 「子どもたちがのびやかに、健やかに育っていない現状を少しでも改善したい。」という思いで「和と輪と羽の会」を立ち上げました。 この会は子どもの教育環境を通して学校・地域・子どもたちの和と輪と羽(羽ばたく未来)を考える。 次の世代に引き継いでいかれるような「人権文化」の構築と人材育成を目的としています。
 今回「島根CAP」代表の原さんを招き、子どもをあらゆる暴力から守る人権教育プログラム普及に努めている活動のお話を聞き、家族と地域のおとなが一体となって子どもを見守る新しい関係を築きたいと考えています。
 そしてその問いかけの答えは、親族の理解はもとより、地域住民のやさしいまなざし、行政の理解による制度的な支援の充実の中に解決の糸口があると考えます。
 映画と講演会を通して有意義な人権問題を考える場にしたいと思います。
(和と輪と羽の会 趣意文より)

************************************************************
【会場】松江市市民活動センター(スティックビル)交流ホール
【料 金】一般前売1000円、当日1300円 障がい者、学生以下無料
(チケット取扱所)島根県民会館、今井書店、プラバホール
【主催者】和と輪と羽の会、松江キネマ倶楽部、松江市青団連協議会、 部落解放同盟島根県連合会女性部
【後援】島根県、松江市、島根県教育委員会、松江市教育委員会、島根県助産師 会、朝日新聞松江総局、NHK松江放送局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中 国新聞社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局 、エフエムいずも

駐車場 会場にも駐車場はありますが、当日は混雑が予想されます。なるべく、公共交通機関をご利用ください。バス停は「天神町」で降りてください。
 松江市市民活動センターから徒歩10分圏内のコインパーキング
 ※駐車料金は変更している場合があります。料金は自己負担で願います 。
人権パッチギの会は「島根CAP」の理念を応援しています。

 

カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ