人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

脱原発

■声に出さなくても良い、「脱原発」の旗を振っている候補に投票して欲しい。

だまされる私達にも責任はあります。20170310
そして、原発利権にすりよる私達にも責任はあります。

私たちは6年前の福島原発事故で政府・東電のウソに気づいているはずです。
1.廃炉費用を含めても「原発は発電コストが一番安い!」
2.原発が無くなれば日本の産業は破綻する!
3.どんな地震が来ても原発は安全だ。

建設業に働く私たちも政府・東電のウソに気づいています。
1.年間被爆許容量を20倍に引き上げて、住民に「帰れ」と叫ぶ。原発内で最も放射能汚染された『D区域』と呼ばれる場所と同レベルです。なぜ?
2.なぜ夏でも凍土壁なのか?なぜ低コストの鋼矢板はダメなのか?
3.作成した行政当事者もあきれる「実行不可能な原発避難訓練」 
  2000台のバスが災害時に用意できるとうそぶく!
  西風でも西の指定避難所に逃げろという。

でもあなたは政府の指示通りに動く、「国策で原発を推進しているのだから、事故が起きても国は住民を守ってくれる。」といいながら・・・

飯舘村を見ろ!浪江町を見ろ!
許容被ばく基準を無理やり上げて子どもたちに帰れと叫ぶ。 そして「帰らないお前が悪い」と補助金をカットし「自己責任」と切り捨てている。

あなたもウスウス気づいているはずだ。
自分の子や孫に危険を押し付けていることを。
重大事故が起きれば故郷がなくなることをフクシマは教えてくれた。
声に出さなくても良い、原発関連業界で働いていても良い。
脱原発候補に投票して欲しい。
一家に一人は脱原発候補に投票して欲しい。

あなたの良心を投票に託して欲しい。

■映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」上映会

omote
 島根県出身の「古居みずえさん」の初になる原発がテーマのドキュメンタリーが完成しました。

 故郷を奪われた飯舘村民の姿がパレスチナの人たちと重なった。
 
通販生活 監督インタビュー
 
 「笑い声」がこんなに人を励まし、勇気づけるのを教えてくれる映画です。
 チラシ
 
と き:2016年1030日(
    ①10:00~ ②13:30~(※開場 各回30分前)
    監督講演  ①11:40~12:25 ②15:10~15:55
ところ:松江市市民活動センター 5F 交流ホール(スティックビル)
参加費:前売り1,200円(当日1,500円)
             高校生以下、障がい者の介護者無料
主 催:映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」松江上映実行委員会
共 催:「ベアテの贈りもの」を届ける会・古居みずえ故郷の会
              ぴぃすうぉ~く松江・松江キネマ倶楽部
お問合せ:090-1336-0629(芦原)・090-3638-3675(田中)


バラク・オバマ Youは何しに広島へ?

Cf7l5mOUIAAxkzW 「核なき世界を」と演説しただけでノーベル平和賞をもらったオバマ米大統領が広島平和公園に来るという。 日本は何故か歓迎ムードを演出している。 言うだけなら安倍さんのほうがウワテだが、それに騙されて旗を振っている広島市民も少なくないらしい。

 先月4月10日には核保有国、武器輸出国のG7外相が広島で「核軍縮及び不拡散広島宣言」をしたという。 核保有国が「核を持つのはやめよう」と言い、武器を売っている国が「戦争をやめよう」とうそぶく。
 「盗人猛々しい、お前らが言うな」である。

 オバマを担ぎ出すのに新たな「防衛装備品購入」を持ちだしかねないのが政権にしがみつくアベちゃんだ。
 TPPも熊本地震、原発事故も参議院選挙まで話題にあがるのも少ないのだろう、これも安倍政権の仕掛けた選挙運動と勘ぐるのは私だけか。

 いつも政府は都合の悪い事実を隠すために派手なマスコミ報道を誘導する。
騙される私達にも責任はあります。 情報操作に惑わされないで注意深く情報を判断する姿勢を身につけたい。  「政府は必ず噓をつく」

※バラク・オバマは広島に何しに来るのか
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3554.html


映画「シロウオ」、「A2-B-C」ご来場、ありがとうございました

ch13来場御礼!

映画「シロウオ」と映画「A2-B-C」の「来場者 感想集」が出来ました。

>3月23日をもって「A2-B-C」上映委員会を解散することになりました。
http://a2bc-movie.tumblr.com/

一体何があったのでしょうか?・・・

「人権パッチギの会 松江」は、何があっても、思考を止めず、過ったことを「おかしい」と言える「非国民」を目指しています。

シロウオ」「A2-B-C」上映会によせて

ura上映会企画者からの挨拶
  上映会の案内(3月8日)

*何十年越しの…

 原発問題には高校生から関心がありました。お小遣いもそんなに多くはないなか、どうやって工面したのかは覚えていませんが、大阪まで「東京に原発を」という本を書いた、広瀬隆さんの講演会に行ったこともあります。また、どうしてそんな情報を得たのかも覚えていませんが、実家近くの大学に拠点を置いていた「反原発めだかの学校」という団体の集会に参加し、その団体が発行する新聞の定期購読を申し込んだこともあります。しかし、所詮は子供で、自宅に送られてくるものですから、親に見咎められ、「危ない団体に関わるな」と叱りつけられて手を引きました。今でも「泊りを止めろ、泊りは止まる、泊り止めればみな止まる」というスローガンを覚えています。いくら親に言われても、危ない団体だとは考えていませんでした。しかし、そういう活動にのめり込み過ぎて、家庭まで崩壊してしまうような人もいるということも聞きました。「危ない団体」「政治的色合いが強い」そういう目で見られるということもまた事実です。そして、泊原発は止まりませんでした。

 長い間、気にしながらも何もしてこなかったのですが、福島原発の事故が起きて、また、「何かしなければいけないんじゃないのか」という気持ちが目を覚ましました。福島には大学時代の友人がおり、全くの他人事という気がしないこともあります。けれど、何をしたらいいのかは相変わらず分かりません。「原発立地を断念させた街」というサブタイトルに惹かれ「シロウオ」を観たのですが、やはり、それも、今の私の状況と、能力と、いる場所を分析した上で、具体的に「あなたはこうしなさい」ということを教えてくれるわけではありません。そこで、とりあえず、というのもいい加減なようですが、自分の住んでいる県でも上映会を企画してみるか、と考えるに至ったのです。

ch13私は、映画や報道で、原発事故の被害に遭った人たちの苦しい状況を知るたびに、そのバックにいるはずの、報道されていない動物たちの事も気になります。何をどうするかも分かりませんし、今の仕事を投げ打って、そちらに走ることも出来ません。けれど、いつか彼らのために具体的に何かできるようになりたいなと思っています。
でも、とりあえずは、島根の原発を止めることが出来れば、事故が起こる心配がなくなれば、周辺の動物たちを守ることにもつながるのだと考えて、すごく遠回りでどれ程効果があるのかも分からない方法だとは思いつつも、今回の上映会の企画をしているのです。


*責任はだれが?
 原発事故が起こったら、だれが責任を取るのだろう?誰も責任を取れないのではないかなぁ?ということはよく考えます。
 信念をもって反対している立場の人の話だけではなく、そうでない側の話も聞こうと思い、県の避難説明会などに出かけていったこともあるのですが、イマイチよくわかりません。機械的に、この地域の人は、ここに受け入れが決まっています、と説明されても、疑問ばかりがこみ上げてきます。「で、そうなった場合、いつ、避難が解除されるか目安はあるのですか?長期避難となった際に、各自が生活していくための仕事も得られるという保証はあるのですか?島根県だけではなく、複数の県の原発で同時に事故が起こった場合の事は考えていますか?想像以上に被害が大きく、避難先に指定されている区域の人たちも非難しなければならないような状況に陥る可能性はないのですか?」などなど。こんな質問をしても、県の担当の人も、答えられずに困るのではないかな、と思って口をつぐんでいましたけれど。

sirouo7 原発事故のような大きな問題に限らず、職場や家庭での小さな規模の問題に関してでも、「あなた、責任を取るとか言っても、取れないでしょう。結局、ワリを食らうのは私なんじゃないの?」と言いたくなるような事、皆さんそれぞれ、経験されているのではないでしょうか。


*抑止に秘められた、本当の意味での推進を考えていきたい
 原発の問題も、環境などの問題も同じような面がある気がします。
 「原発立地で、これだけ補助金が出て、経済効果もありますよ」「安全ですよ」というような、推進側の言葉は耳に心地よく、「これだけ危険で、実際に事故も起こっています」というような抑止側の言葉は不愉快です。
 「開発でこれだけ利益が上がりますよ」「獣害が出ているから、とにかく駆除して私たちの安全と利益を守りましょうね」というような推進側の言葉は、やはり耳に心地よく、「他の生物を守ることは、最終的に、人間も守ることにつながるので、少しここは控えて、多少不便でも彼らとの共存を図りましょう」というような抑止の言葉は煩わしい。最終的にと言っても、そこにたどり着くまで、どれだけ長いプロセスがあるのか、という感じです。
 でも、私は、そういった、抑止に秘められた、本当の意味での推進を考えていきたい気がします。そんな壮大なことを言っても、実際にやっていることは小さいですし、日々の雑事に汲々としているのが実情ですが、それでも、この上映会も何かの足しになればいいなと願っています。

映画「シロウオ」と映画「A2-B-C」のお誘い

今年もよろしくです!
映画「シロウオ」と映画「A2-B-C」松江上映会のお誘い
日時:日(日)sirob-c
シロウオ」の かさこ監督がやってくる!

10:00~11:50「シロウオ
11:55~12:30「シロウオ」監督トーク
13:30~14:45「A2-B-C
15:00~16:50「シロウオ
16:55~17:30「シロウオ」監督トーク
17:40~18:55「A2-B-C

場 所:松江市市民活動センター:松江市白潟本町 (スティクビル)504講義室
入場料:前売券1200円、当日1500円
    (2作品・トーク込)

ura「私に責任はありません。そんな立場でもないし・・・」 けれど、「責任者」は、責任を取ってくれるのでしょうか。 責任を取ることが出来るのでしょうか。

原発立地を断念させた町と、今もなお原発事故の被害に苦しむ町。 私たちが単純に比較することは出来ません。 けれど、自分たちの手で未来を選び取るために、今、その2つの現実と向き合ってみませんか 。 
松江市には稼働を準備している原発が二つあります


●主催者:シロウオ・A2-B-C上映委員会、松江キネマ俱楽部
●お問い合わせ:090-2003-6623(とむ・昼間)
           090-7990-9490(山本・夜間)





暑いけど二つの「ぴぃすうぉ~く」のお誘い

ひろげよう!みどりのエネルギー~さよなら島根原発!大集合
日時:7月20日(日) 13:00~ 
場所:くにびきメッセ大展示場  入場料:無料
ゲストスピーチ:神田香織さん(講談師)、鎌田 慧さん(ルポライター)
お問合せ:フォーラム「平和・人権・環境」しまね 0852-26-5754
主催:「ひろげよう!みどりのエネルギー~さよなら島根原発!大集合」実行委員会

今こそ将来を担う子どもたちに美しいふるさとを残すため、「島根原発はいらない!ひろげよう、みどりのエネルギー!」の声を結集しましょう! 皆さんの参加を心より呼びかけます。

◆7・26 ぴぃすうぉ~く しよう!! 94228623692_n
 私たちはだまされない!!「積極的平和主義」の正体は?

とき:2014年7月26日(土)
      pm5:00~フリートーク
   pm5:30~ピースウオーク
ところ:JR松江駅前 松江テルサ北側広場
コース:松江駅周辺
どなたでもご参加ください。
アピールできるプラカード、音が出るもの、旗などお持ちください。
主催:ぴぃすうぉ~く松江
お問合せ:0852-21-0078、090-3638-3675

黒い猫でも白い猫でも「脱原発」を選ぶ猫は良い猫だ。

20131027_533722 過去、幾多の間違いを犯した人間でも「最終処分の欠陥」で脱原発を叫ぶなら、反対する理由はない。 補助金の上乗せ目的で「安全と手続き論」を振りかざしもったいぶっている原発立地首長より明快である。 しかし、信用してはいけない。
 本物の脱原発支持者が、米国追従の日米論者やTPP支持の新自由主義者であるはずが無いからだ。 明日になればまた「原発推進」を唱えかねない。
戒めるべきは「すり寄って何とかしてほしい」と考える弱い心だ。

 耳を傾けるべきは非国民扱いされながらも粘り強く反原発運動をしてきた地元のおばちゃん、おっちゃんである。

祝島島民の会blog

核燃料サイクル、核のゴミ処理場の確立なくして再稼働なし!

20130515224444145少し遅いですが、ようやくわかりました。
「原子力規制委員会」は環境省の外局機関であり、
規制しながら原発を推進する団体とご理解ください。けっして「脱原発」でもなければ小出裕章先生が委員なることもありません。

 泉田新潟県知事の対応を見ても、「安全と手続き論」で反対していては、時間と金をかければ「OK」と言わざるを得ません。と言うか「再稼働ありきで、いくら金を地元に持って帰るか」がミエミエのような気がするのは私だけか? すべての原発所在地の首長も同じに見えるのは私だけか?

「核燃料サイクル、核のゴミ処理場の確立なくして再稼働なし!」と言ってくれる首長を待ってます。

安全は金で買えるが、10万年と言う時間は金で買えない!

もったいぶって時間稼ぎをしている元通産官僚知事よりこっちの方が歯切れがよい!

小泉元首相がまた安倍批判「汚染水は漏れている!

※イラストは橋本勝さんの「脱原発憲法」

吉田所長を美談にしようとする「御用マスコミ」

2011-06-08-yosida
同じ建設業の末席で巣食う者として心が痛むのは、免震棟で作業指示していた吉田所長の死因より、吉田所長の指示で作業していた被ばく決死隊(吉田所長の弁を借りると)『じじいの決死隊』のその後である。

たしかに吉田所長の事故対応は大変だったと思うが、所詮東京電力の「お偉いさん」であり、地震、津波の安全対策を軽視した原発事故の張本人だ。

 吉田所長を美談にして東京電力のイメージアップを図ろうとする「御用マスコミ」にうんざりだ。

ジャーナリズムを気取る「御用マスコミ」に言いたい。
もうすでに死んでいるであろう、闇に捨てられた「被ばく決死隊」にスポットを当ててほしい。

3.11直後の作業員の被曝追跡調査をしてほしい。

 そして今なお被ばく覚悟で復旧作業にあたっている現場作業員の健
康管理と適正な報酬の確保を監視してほしい。

東電とマスコミの責任は大きい!

Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ