人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を提案します。

人権

勉強会のお誘い

V20_MT

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いま、一人ひとりが考え、発信するとき!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆テーマ:『今の私の生き方に影響を及ぼした出会いと学び』
      =人権の若樹に枝葉を=
日時: 9月23日(日)13:30~
講師:福原孝浩さん   案内チラシ
場所:松江市市民活動センター(スティックビル)201研修室
      松江市白潟本町 TEL:0852-32-0800
【講師紹介】
      ハンセン病市民学会会員
   NPO法人「多文化共生と人権文化LAS(らす)」理事
主催: 人権・平和パッチギの会

  最近の領土問題をめぐる騒ぎをみると、戦後から培われてきた人権・平和運動が、偏狭なナショナリズムの台頭するたびに一つ一つ芽が摘み取られているようで残念でなりません。

 あの時と同じように、勇ましい発言が繰り返されている今だからこそもう一度、領土問題をも含め、近代100余年の東アジア関係史・戦後67年を整理する作業が必要と考えます。
 そして、これまで歩んできた道のり、取り込んできた課題を今一度検証し、一人ひとりが考え発信することが今求められています。

 今回、1960年代に被差別部落の実態に触れ、1980年代に民族問題、2001年代からはハンセン病、沖縄、在外被曝者問題等に積極的に関わってきた益田市の福原孝浩さんを迎え、今までの活動の原点と生き様に触れる機会を企画しました。
 
 「私もひとこと言いたい!」と思っている人の参加と交流によって、新たな提言と発信のできる場としたいと思います。

  どうかお出かけくださいますようご案内いたします。

   会の名称「パッチギ」はハングルで「突き破る、乗り越える」の意味です。
  理不尽な現状を突き破り、差別の壁を乗り越える活動を少しずつ提案したいと思います。
  一人ひとりの個性や違いを尊重し、さまざまな文化や多様性を認め合い、すべての人の人権が尊重されるまちづくりを目指しています。

写真展「釜ヶ崎劇場2011」のご案内

web-2011-01

写真展「釜ヶ崎劇場2011」

会期:平成24年7月14日(土)~7月16日(月祝)
   10:00~17:00(最終日は15時まで)
   入場無料
会場:島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)
          
http://museum.shimane-u.ac.jp/okudani.html
    (松江市松江市奥谷町140)
    駐車場がありません、バスをご利用ください。
主催:川上譲治さん 島根県浜田市出身
    釜ヶ崎劇場2011

単身生活者の暮らす街、
釜ヶ崎という劇場は激情である。
福祉という衣装、踊るという幻想。
そして人生の光と影、
表と裏の凝縮、
現実という非日常を写真に盗み撮りたい。
川上譲治

山陰中央新報

ドキュメンタリー映画「森聞き」上映会 のおしらせ

6月17日(日)①10時~ ②13時~ ③16時~
入場料:前売り1000円(当日1300円) 高校生以下無料
会場 むろやま木遊館 雲南市木次町寺領2273(室山農園内)

主催 雲南 森の声をきく会
共催 NPO共存の森ネットワーク、どこでもミュージアム研究所
協力 プロダクション・エイシア、ぽかぽか広場、日登の郷、室山農園
問い合わせ 0854?42?3666(有馬・室山農園)
http://www.asia-documentary.com/morikiki/story.html

誰が言ったか忘れたが「ライフスタイルの見直しからでしか、人権尊重の精神は根付かない!」
頭が下がります。

映画『森聞き』 公式HP
映画『森聞き』予告編 - YouTube

予告編2
http://www.youtube.com/watch?v=8ztJTXQo0xE&feature=related

morikiki

「生活保護に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明」

あほなマスコミを利用して、世論操作で法律を変えるのは中央官僚のいつもの手口である。

>雇用の崩壊と高齢化の進展が深刻であるのに雇用保険や年金等の他の社会保障制度が極めて脆弱であるという社会の構造からして、生活保護利用者が増えるのは当然。

無策無能な行政に向けられた批判をかわすかのように、レアなケースを大きく煽り、生活保護費減給をねらっている。

「生活保護に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明」
生活保護問題対策全国会議 代表幹事 弁護士 尾藤廣喜
全国生活保護裁判連絡会  代表委員  小 川 政 亮

「沖縄の怒り」をたぶん分かっていないマスコミ、国会議員

「沖縄の怒り」は「普天間基地と辺野古移転」なのに。
それを隠すかのようにマスコミ、国会議員は「問責決議案」を叫んでいる。

面白いのは、辺野古移転推進派ほど「問責決議」の声が大きい。
自民党の稲田朋美、佐藤正久。その他多数。(一部与党も)
いつもの光景である。

原発と同じで「利権と札束」で「中毒患者」にするにはもう少し時間がかかるから。

小学生でもわかる!
「沖縄の怒り」をなくすのは、普天間基地廃止と辺野古移転撤回である。


「気付いた時から出来る事を!」

■東日本大震災:「送り火」のまき中止へ
 被災地の松、放射能を懸念--京都・保存会
『いちげんさんお断り』のようで、京都市民として恥ずかしい
http://mainichi.jp/kansai/news/20110808dde041040032000c.html

ヒロシマ・ナガサキの被爆者を差別してきた歴史をまた繰り返すのか?

「放射能汚染された灰が飛ぶ」などと抗議の電話やメールが多数あったようだが、何故 理事会は偏見を払拭する説明会等の行動を取らなかったのか?

福島県から千葉県船橋市に避難した子どもが「放射線がうつる」などと言われた、いじめ事件もあった。

昨年、中学サッカーの試合で熊本県水俣市の生徒が他県校の生徒から「水俣病が移るから触るな」と差別を受ける事件もあった。

あらゆる場面で 差別の連鎖が人権を蝕んでいる。
悲しい事ですが、自分の生きざま・姿勢が問われています。

「気付いた時から出来る事を!」


署名お願いします。

●さよなら島根原発ネットワーク
 島根県知事 溝口善兵衛 様宛
 わたしたちは原発震災に脅かされない暮らしを求めます!
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/shomei/shomei.shtml

●「さようなら原発」一千万署名 市民の会
 脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名
http://sayonara-nukes.org/shomei/

●WWF ジャパン
 自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
http://www.wwf.or.jp/activities/2011/05/986120.html
 



Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ