人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を提案します。

民族差別

朝鮮学校に学ぶ人権講座のお誘い

s0905tiraA4演題:「民族教育権とヘイトスピーチを考える朝鮮学校の歩み
日時:日(土) 14:00~16:00
講師:柴 松枝(シ ソンジ)さん
会場:松江市市民活動センター
    (白潟本町スティックビル)502研修室
    チラシ   レジュメ


 朝鮮学校は、戦後在日朝鮮人が日本の朝鮮植民地支配によって奪われた言語や文化、歴史などを取り戻そうと、全国各地に「国語講習所」を作ったことが始まりです。  その後、戦後世界情勢の変化に翻弄され幾度の民族教育に対する弾圧・嫌がらせがありましたが、多くの仲間と支援する日本人と共に乗り越え、現在の朝鮮学校があります。

 昨今日本政府は拉致事件解決手段と称して朝鮮学校にたいする助成金カット、高校授業料無償化からの排除を「取引?」に利用し、事件解決能力と外交能力の未熟さを世界にさらす始末です。そして、民族差別を助長する行為であることさえも自覚がなく、東京新大久保、大阪鶴橋で頻発する差別的言動デモ(ヘイトスピーチ)を勢いづかせています。

 2014年12月、京都朝鮮学校の子供たちにむけられたヘイトスピーチを最高裁が民族差別と認めました。ヘイトスピーチは,人々に不安感や嫌悪感を与えるだけでなく,人としての尊厳を傷つけたり,差別意識を助長させます。

   多文化共生社会が叫ばれる今、日本人に問われているのは民族教育に対する理解であり、人権文化の構築であります。 朝鮮学校の歴史と現状を学ぶことから、民族差別と人権侵害を許さない社会風土を作ることを参加者の皆さんと考えたいと思います。 

 
 【講師プロフイール】
 在日朝鮮人2世  東京生まれ
(現職責)
 総聯京都府本部山科支部 委員長
  学校法人京都朝鮮学園 理事
  京都民族教育対策委員会 事務局長
 総聯京都府本部対外委員会 委員長
(経歴)
 1962年~1966年  東京朝鮮中高級学校 教師
 1966年~1992年  京都朝鮮中高級学校 教師・教務主任
 1992年~2014年  在日本朝鮮民主女性同盟 副委員長
                                    総聯京都府本部 常任委員
(現在取り組んでいる問題)
 京都における在日朝鮮人子弟の民族教育権の擁護運動
 在日朝鮮人に対するヘイトスピーチ問題
 京都外国人福祉委員、医療通訳員として同胞の権利・福祉問題

【主催】在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会
【後援】島根県、松江市、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、島根日日新聞社、毎日新聞松江支局、中国新聞社、読売新聞松江支局

私達は「ヘイトスピート」を許しません!

150530omoteヘイトスピーチを規制する法律制定に向けて

島根県民集会

日時:2014年30日(
    13:30~15:30
場所:島根県民会館 3F大会議室
主催:島根県民集会実行委員会(平和フォーラムしまね他)

150530hura

基調講演:有田芳生(参議院議員)
在日の立場からの声:権 清志
 (韓国民団中央本部、企画調整室長)

後援:島根県日韓親善協会連合会、連合島根、他各マスコミ
問合せ:090-9733-0910(江角) 

島根県議会、慰安婦問題対応求める意見書 可決

comfortwomen_010 先輩から連絡を受けはじめて知りました。
どのような経緯なのかはわかりませんが、竹島条例を制定した島根県議会が可決したことに評価したい。

橋下「慰安婦愚弄発言」以降、このような意見書が可決したのは国内初めてだと思います。

2013/06/26   【共同通信】
島根議会、慰安婦問題対応求める 河野談話踏まえ、意見書可決

議員提出第6号議案 2013/06/26
「日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書」

国内地方自治体議会意見書 一覧

早速、在特会・ネットウヨが騒いでいるようです。
まさしく水晶の夜であり、もうすぐ茶色の朝を迎えるのか?

※写真は「重重プロジェクト

文科省前で座るひと

549432_498671613522658_1716894331_n「文科省前で座るひと」
http://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/e/be5beb45110a71be6b9ecfbcc06cab68

-----------------------------
光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから・・・

ああ 小魚たちの群れきらきらと
海の中の国境を越えてゆく
諦めという名の鎖を
身をよじってほどいてゆく

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ
----------------------------
"ファイト!"
作詞:中島みゆき
作曲:中島みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=ZIXeEEoVaio


なぜかこの歌を思い出しました。
「ファイト!」の掛け声は「闘う君」と「闘わない奴等」にも送るエールのような気がします。

東京まで行けませんが、「座る人」は励みになります。

岡山朝鮮初中級学校から「感謝のご挨拶」が届きました

前略、「ウリハッキョ」上映会に賛同していただいてありがとうございます。

上映会の収支報告書です。
岡山朝鮮初中級学校 カンパ   ¥64,810(送料込み)
ハンクネット カンパ      ¥10,000(送料込み)

■お詫び
1.総連島根の知人に相談した結果、カンパ先を広島朝鮮初中高級学校から岡山朝鮮初中級学校に変更しました。理由は「広島より岡山が貧乏しとる」です。
2.調子に乗って「ハンクネット」にもカンパを送ってしまいました。
「ハンクネット」 とは?
  「朝鮮人道支援ネットワーク・ジャパン」(略称:ハンクネット・ジャパン)
  ピョンヤンの育児院の子どもたちに直接、栄養食(粉ミルク)を送る支援活動をしています。松江でも二度ほど訪朝報告会をしました。事後承諾御免。

岡山朝鮮初中級学校から「感謝のご挨拶」が届きました、添付します。
「ハンクネット」からもお礼のメールがどどいた事を報告します。

会員募集中!
会則:「気づいた者が、無理をせず、出来ることを楽しくやる。 みんなと美味しいお酒を呑むために、少しは頑張る。」

映画「ウリハッキョ」上映会 無事完工しました。

映画「ウリハッキョ」上映会
無事完工しました。

10時の部 48人、13時の部 21人、 16時の部 20人、
観客数 計 89人でした。

皆さん最初は、ちまたに流れる「朝鮮学校報道」とのギャップに戸惑い気味でしたが、子供たちの屈託のない笑顔と真剣な眼差しが迷いを払拭してくれたようです。
懐かしい友人もたくさん駆けつけてくれ、プチ同窓会状態でした。

上映を許可していただいた北海道朝鮮学校、お手伝いしていただいた松江キネマ倶楽部のみなさんに改めて感謝です。


映画「ウリハッキョ」上映のお誘い

■■■■■■■■■■■■
映画「ウリハッキョ」上映
■■■■■■■■■■■■
日時:2013年2月10日(日)
場所:市民活動センター 504研修室
(松江市白潟本町 スティックビル)
入場料:500円     ちらし
10:00(9:30開場) 13:00(12:30開場) 16:00(15:30開場)
主催:ウリハッキョ上映実行委員会・松江キネマ倶楽部
お問い合わせ:090-3638-5438

 この映画は韓国の映画監督キム・ミョンジュン氏が、3年間かけて北海道朝鮮初中高級学校に通う生徒と教師の強いきずな、民族学校に子どもを通わせる親の熱い思いを描いたドキュメンタリーです。

 拉致事件解決に対する政府の無能ぶりをかわすため、意図的に陽動されている『高校無償化」からの朝鮮学校のみの排除。朝鮮学校生徒に向けられた「バッシング・嫌がらせ」は幼稚な「中学生のいじめ」を見るようで心の痛む日が続いています。
 侵略された民族から見た歴史を「反日教育」とののしり、民族教育を「スパイ教育」と揶揄する日本人を残念に思います。

 民族教育は世界人権宣言、国際人権規、人種差別撤廃条約等で保証されており、日本の外交駆け引きで民族教育が不利益を被るのは明らかな人権侵害です。

 「朝鮮学校ってどんなとこ?」「素顔の朝鮮学校を知りたい!」という声が多くなり、上映会を企画しました。あまりにも偏見に満ちた報道、露骨な情報操作が多い中で、この映画のメッセージを感じてもらい、お互いに理解しあえる関係を作ることを目的としています。

 作業の手伝い、チケット販売のできる方はお知らせください。 たくさんの方々に賛同いただき一緒に上映イベントを成功させていと思います。ご協力よろしくお願いします。  

大きな声で被害者面する奴らを信用するな!

20120801220406_01_400

迫害されたユダヤ人がパレスチナ人を苦しめる。

我が子が北朝鮮に拉致されたと、無関係の朝鮮学校をいじめ・バッシングする家族会。

韓国人原爆犠牲者慰霊碑を広島平和公園に建造するのを許さなかった「唯一の被爆国、被曝者」日本人。(現在は公園内)
  http://ww3.enjoy.ne.jp/~simoiti1329/peaspark/19kankokujin.htm
  「悲しい」北朝鮮原爆犠牲者の慰霊碑(池田香代子ブログ)
  http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51455068.html

部落・民族差別を受けた人間でも「障がい者差別」がひどいのもいた。

ユダヤ人でも、日本人でも、朝鮮人でも、障がい者でも、学校の先生でも、警察官でも、暴力団の構成員でも、天皇でも、「犯罪者」でも、良い人間と悪い人間がいることを認めることから改善が始まる。

大きな声で被害者面する奴らを信用するな!
(脱原発運動を非国民扱いし利権を貪っていたのに「東電に騙された」と「反省のない産業界・自治体首長・住民」含む)

大きな声で高らかに「正義・国益」を語る輩を信用するな!
(御用ジャーナリスト、石原、橋下、その他大勢の「自称政治家」含む)

地道に差別の連鎖を断ち切ろうとする小さな声に耳を研ぎ澄ませろ!
生き様を問われているのは 私と ・・・ 「お前だ!」 

写真:福島菊次郎 90歳 http://bitters.co.jp/nipponnouso/

文部科学省に意見メールのお願い

文部科学省では、「高等学校の実質無償化及び高校奨学金」に対する意見・要望を受け付けています。

 ご意見・お問い合わせ 入力フォーム
 高等学校の実質無償化及び高校奨学金に関すること
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38/ 

下記は管理人が送付した内容です。参考にしてください。 ---------------------------
■件名:朝鮮高校にも差別なく授業料無償化適用を求めます。
 ■内容
 朝鮮高校だけに無償制度を除外しているのは「いじめ」にも似た、卑劣で明らかな民族差別であり、人権侵害です。

国連・人種差別撤廃委員会も懸念を表明し、人種差別撤廃条約の「教育に関する権利の平等保障義務」に違反していると警告し、改善を勧告しています。

 除外理由である「拉致」問題も本来外交で解決されるべきであり、政府の無策外交を教育問題にすり替えることを恥ずかしく思います。

日本社会には、朝鮮学校への差別が根強く存在し、政府による除外措置は、これを助長し煽りたてるものとなり、東京都や大阪府などが朝鮮学校への補助金支給凍結や見直しをするという事態さえ引き起こしています。

「高校無償化」制度を速やかに適用すると共に、朝鮮学校の生徒・関係者に謝罪することを要求します。 ---------------------------

 ■参考 「朝鮮学校無償化除外の動きに懸念 国連人種差別撤廃委」
 http://www.asahi.com/special/08001/TKY201003170003.html


20110302143306511
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ