人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

原子力発電所

■声に出さなくても良い、「脱原発」の旗を振っている候補に投票して欲しい。

だまされる私達にも責任はあります。20170310
そして、原発利権にすりよる私達にも責任はあります。

私たちは6年前の福島原発事故で政府・東電のウソに気づいているはずです。
1.廃炉費用を含めても「原発は発電コストが一番安い!」
2.原発が無くなれば日本の産業は破綻する!
3.どんな地震が来ても原発は安全だ。

建設業に働く私たちも政府・東電のウソに気づいています。
1.年間被爆許容量を20倍に引き上げて、住民に「帰れ」と叫ぶ。原発内で最も放射能汚染された『D区域』と呼ばれる場所と同レベルです。なぜ?
2.なぜ夏でも凍土壁なのか?なぜ低コストの鋼矢板はダメなのか?
3.作成した行政当事者もあきれる「実行不可能な原発避難訓練」 
  2000台のバスが災害時に用意できるとうそぶく!
  西風でも西の指定避難所に逃げろという。

でもあなたは政府の指示通りに動く、「国策で原発を推進しているのだから、事故が起きても国は住民を守ってくれる。」といいながら・・・

飯舘村を見ろ!浪江町を見ろ!
許容被ばく基準を無理やり上げて子どもたちに帰れと叫ぶ。 そして「帰らないお前が悪い」と補助金をカットし「自己責任」と切り捨てている。

あなたもウスウス気づいているはずだ。
自分の子や孫に危険を押し付けていることを。
重大事故が起きれば故郷がなくなることをフクシマは教えてくれた。
声に出さなくても良い、原発関連業界で働いていても良い。
脱原発候補に投票して欲しい。
一家に一人は脱原発候補に投票して欲しい。

あなたの良心を投票に託して欲しい。

映画「日本と原発」有料試写会のお知らせ

映画「日本と原発omt
日時:2015年日(
会場:松江市民活動センター 交流ホール

●上映時間(1)10:00~12:15 
●講演:監督河合弘之弁護士
       海渡雄一氏
       13:30~14:15
●上映時間(2)14:30~16:45

前売券:一般1300円(当日券1500円)
  障がい者の介助者は1名に限り無料
     高校生以下 500円(前売、当日)

ura主催:主催:島根原発訴訟の会/松江キネマ倶楽部
協賛:脱原発をすすめる女たちの会

 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー映画である。

 問合せ:090-1336-0629(芦原)

映画「原発の町を追われて 」松江上映会

●映画「原発の町を追われて 」松江上映会
~避難民・双葉町の記録~  チラシ
制作・編集・ナレーション:堀切さとみ
日時:6月21日(土)
    映画上映①10:00~ ②13:30~ ③16:00~
    制作者、堀切さとみさんとトーク・交流会
         ①11:30~ ②15:00~ ③17:30~
場所:松江市市民活動センター(スティックビル5F)504号室
入場料:500円(震災避難の方は無料)
主催:「島根原発3号機の運転をやめさせる訴訟の会」/松江キネマ倶楽部

 松江市が「松江市原子力災害広域避難計画」を発表した。(平成26年3月策定)

 我が城西地区住民は第一中学校に集合し、ここからバスで江津高等学校に避難する。
 当日の風向きも考慮せず江津高等に逃げろと言う、はたしてバスは来るのか?その前に4000台のバスが用意できるのか?
 作成した部署も、承認した議会も「できっこない」は承知らしい。「出来もしない避難計画」を作成しないと原発再稼働できないからだ。  今までこれを「安全神話」と呼んだ。

この映画を見なければならないのは「避難計画を作成した関係者、承認した議員」だ!

黒い猫でも白い猫でも「脱原発」を選ぶ猫は良い猫だ。

20131027_533722 過去、幾多の間違いを犯した人間でも「最終処分の欠陥」で脱原発を叫ぶなら、反対する理由はない。 補助金の上乗せ目的で「安全と手続き論」を振りかざしもったいぶっている原発立地首長より明快である。 しかし、信用してはいけない。
 本物の脱原発支持者が、米国追従の日米論者やTPP支持の新自由主義者であるはずが無いからだ。 明日になればまた「原発推進」を唱えかねない。
戒めるべきは「すり寄って何とかしてほしい」と考える弱い心だ。

 耳を傾けるべきは非国民扱いされながらも粘り強く反原発運動をしてきた地元のおばちゃん、おっちゃんである。

祝島島民の会blog

核燃料サイクル、核のゴミ処理場の確立なくして再稼働なし!

20130515224444145少し遅いですが、ようやくわかりました。
「原子力規制委員会」は環境省の外局機関であり、
規制しながら原発を推進する団体とご理解ください。けっして「脱原発」でもなければ小出裕章先生が委員なることもありません。

 泉田新潟県知事の対応を見ても、「安全と手続き論」で反対していては、時間と金をかければ「OK」と言わざるを得ません。と言うか「再稼働ありきで、いくら金を地元に持って帰るか」がミエミエのような気がするのは私だけか? すべての原発所在地の首長も同じに見えるのは私だけか?

「核燃料サイクル、核のゴミ処理場の確立なくして再稼働なし!」と言ってくれる首長を待ってます。

安全は金で買えるが、10万年と言う時間は金で買えない!

もったいぶって時間稼ぎをしている元通産官僚知事よりこっちの方が歯切れがよい!

小泉元首相がまた安倍批判「汚染水は漏れている!

※イラストは橋本勝さんの「脱原発憲法」

吉田所長を美談にしようとする「御用マスコミ」

2011-06-08-yosida
同じ建設業の末席で巣食う者として心が痛むのは、免震棟で作業指示していた吉田所長の死因より、吉田所長の指示で作業していた被ばく決死隊(吉田所長の弁を借りると)『じじいの決死隊』のその後である。

たしかに吉田所長の事故対応は大変だったと思うが、所詮東京電力の「お偉いさん」であり、地震、津波の安全対策を軽視した原発事故の張本人だ。

 吉田所長を美談にして東京電力のイメージアップを図ろうとする「御用マスコミ」にうんざりだ。

ジャーナリズムを気取る「御用マスコミ」に言いたい。
もうすでに死んでいるであろう、闇に捨てられた「被ばく決死隊」にスポットを当ててほしい。

3.11直後の作業員の被曝追跡調査をしてほしい。

 そして今なお被ばく覚悟で復旧作業にあたっている現場作業員の健
康管理と適正な報酬の確保を監視してほしい。

東電とマスコミの責任は大きい!

何度騙されたらわかるのか! 今度の参議院選挙も「脱原発」で臨んでほしい。

002私は建設業界でお世話になっています。

たとえば建設業現場内で労働災害が生じたとしよう。
責任者はただちに現場内での作業を休止し、二次災害防止処置を指示

現状把握

事故発生調査

再発防止対策書提出

発注者・監督署の審査

工事再開許可 となる。

「工事再開許可」以前に作業をするのは「犯罪」です。
なぜなら「
安全より利潤」を優先しているからです。

工事再開許可も出てないのに、建築資材を現場に搬入して
「早く許可を出せ!」と叫ぶ業者はいません。

ところが、関西電力は平気な顔で
高浜原子力発電所にMOX燃料を搬入し「早く許可を出せ!」と脅しているのです。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/43591.html

原子力規制委員会をなめているとしか思えないし、原子力規制委員会もそれを規制できない。挙句の果ては「このままだと電気料金の値上げをお願いしないといけない」と安全より経済性を優先している。電力会社のやりたい放題。

騙されたあんたにも責任があるが、何度騙されたらわかるのか!

今度の参議院選挙も「脱原発」で臨んでほしい。

「即原発ゼロ」だけが正しい選択だ! 「原発ゼロ」に騙されるな!


脱原発の選択肢が明確になったには良いのだけど・・・日本未来の党?

票欲しさのうさん臭いのもいる。

「原発ゼロ」の戦いとは「原発利権」と「原発以外のエネルギー利権」との戦いである。

新党「大地」のように原発利権を他の利権にシフトするのは容認しよう。

工程表のない「10年後、30年後の原発ゼロ」に騙されるな!

「即原発ゼロ」だけが正しい選択だ。

vote_2012

ETV特集『ルポ 原発作業員 ~福島原発事故・2年目の夏』


facebookからの転載です。
-----------------------------------
0819_04

ETV特集『ルポ 原発作業員 ~福島原発事故・2年目の夏』
放送日時:2012年8月19日(日) 22:00~22:59 Eテレ
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0819.html

毎日ミリシーベルト単位の被ばくをしながら、福島第1原発で事故処理作業にあたる地元出身の作業員たちの「日常」に密着取材。モザイクのかからない、彼らの素顔と肉声がリリカルに伝わってきます。被ばく限度量がせまり、「使い捨て」られることにおびえて未来が描けない。そして被ばくにより身体が蝕まれていくことへの恐怖・・・
震災前はほかの仕事をしていた若い作業員たちが、全国の原発を渡り歩いてきたベテランの作業員が、かつてない放射能汚染の中で働く不安を赤裸々に語ります。

広島局時代から企画を温めてきた池座ディレクターの執念の取材・・・、

廃炉まで40年はかかるといわれ今後5年間だけでも、のべ4万人の作業員が必要といわれる事故処理作業の
底知れない被ばくの闇を前に、せつなさで胸がつまります。

ぜひご覧ください。

七沢 潔
NHK放送文化研究所
http://www.facebook.com/kiyoshi.nanasawa
--------------------------------------------------------------

同じ建設業に従事するものとして心が痛みます。
5年、10年後にかならず被曝補償の問題が噴出します。
被曝労働者の追跡調査と補償は東電と国が全責任を負わなければいけない。

「直接的な因果関係が認められない」の言い訳を許すな!

採算が取れないから国策で原発を動かしている。

293272_10150986114652420_42655762_n

どこの国も核保有国を維持するために国策で原発を動かしている。
日本は潜在的核保有国を維持するために国策で原発を動かしている。

採算が取れないから国策で原発を動かしている。

本当に原発が安くて経済的であるなら、現地に落とされる交付金や漁業補償費から廃炉費、使用済み放射性廃棄物の処理費全てを電力会社で負担するが良い。

本当に原発が安くて経済的であるなら、実現化のめどもたっていない高速増殖炉やプルサーマル等、核燃料サイクルに伴う費用全てを電力会社で負担するが良い。

本当に原発が安くて経済的であるなら、事故に伴うすべての賠償費全てを電力会社で負担するが良い。


すべての原発を廃炉にするなら喜んで15%の電気料金値上げを容認しよう。

原発なしでも工夫さえすれば夏を乗切れる。
20120503 そもそも総研~関電を破綻させないため原発再稼動 
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ