0801A2pos コロナ騒動でイベント開催も窮屈な状態です。黙って映画を見るだけでもマスクとソーシャルディスタンスが会場貸し出しの条件。会場も定員の半数しか椅子を用意しない入場制限。過剰なコロナ対策が感染者を差別の標的に追いやっていることを自覚してほしい。


 感染者のバッシングをコロナ対策と勘違いしている某小池都知事や議員、マスゴミの対応に「令和の無らい県運動」を見るようだ。ハンセン病の教訓が生かされず残念でならない。
今年も「同じ間違いを繰り返さないためのイベント」を計画しました。
無理のないところでご参加下さい

さて、今日は・・・

島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:8月1日(土)
   ①11:00~12:30 ②13:30~15:00 ③16:00~17:30
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 昨年放映された、NHK朝ドラ「なつぞら」は記憶に新しいと思います。戦争孤児のなつ(広瀬すず)が北海道の牧場に引き取られ、開拓精神あふれるたくましい大人たちに囲まれて成長するというドラマでした。しかし、このドラマに「アイヌ」の存在は一切ありません。北海道の開拓の歴史は「アイヌ」からの収奪の歴史です。開拓魂を賛美するために「アイヌ」の歴史を隠しているように感じます。
アイヌの歴史・現状を学ぶ事により、あらゆる少数民族への理解を深めたいと思います。
主催:多文化共生 みっくすさらだ (問合せ)090-3638-5438 森

■映画「ニジノキセキ」上映会&製作委員トークイベント
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
日時:9月27日(土)
①    11:00~上映 12:30~トークイベント
②    14:00~上映 15:30~トークイベント
会場:松江市市民活動センター (STICビル) 504講義室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
 この映画は朝鮮学校の歴史と学校を取り巻く厳しい現状(ヘイトスピーチ、無償化排除等)に直面している学生、教員、在日同胞に密着した映画です。
 この上映会を通して朝鮮学校とすべての民族教育への理解と、多文化共生の人権意識を深めることを目的としています。
 上映後は製作委員さんをまじえてのトークイベントを用意しています。マスゴミの語らない本当の朝鮮学校と在日朝鮮人の思いをお聞きしたいと思います。
主催:在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会
(問合せ)090-1685-4043(赤井)

高井弘之さん講演会「徴用工問題は本当に解決しているのか?」
1965年に締結された「日韓請求権協定」は経済協力であって、賠償ではないらしい??
会場がコロナロックダウンのため無期延期としていましたが、リベンジ開催計画中です。
日時:10月3日(土)ごろ
松江会場:松江市市民活動センター (STICビル)  13:30~16:00
出雲会場:出雲市塩治有原町出雲コリア文化会館  19:00~
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主催:山陰朝鮮問題研究会 (問合せ)090-5379-2389(長谷川)

■ 計画中
谷元昭信 人権講演会
講演:『日本国憲法にまなぶ』
-憲法改正と緊急事態条項 ときどきワイマール憲法-(仮題)
日時:12月6日(日)ごろ
主催:人権パッチギの会 松江

■ 計画中
教育と地域ケアを考える人権講座
 「親と子どもと世間の貧困を考える」(仮題)
日時:2021年2月ごろ
主催:わ・わ・わの会(和・輪・羽の会)

■残念ながら中止します。
毎年恒例の学美展「第49回在日朝鮮学生美術展 鳥取展」の中止が決まりました。
コロナ騒動による2ヶ月にわたる休校措置で各学校の審査会、中央審査会開催ができないため中止です。2021年度の開催まで今しばらくお待ち下さい。

今日はここまで。
コロナ予防は通常のインフルエンザと同様、「手洗い、うがい、体力」です。
お近くの方は体調を整えてぜひご参加ください。
連絡先:090-3638-5438(森)