gannzi7アベ政治の傲慢さが露呈するたびに、マハトマ・ガンジーが指摘した「七つの社会的大罪」に納得する今日このごろです。
「アベ政治」とはガンジーの「7つの社会的大罪」だった。
 
見事にあてはまる「アベ政治」を支えているのが私たち「地元有権者」であることを忘れてはならない。愚かな政府は愚かな市民が選んでいる。
さて、今日は・・・

191201チラシポスター「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
『ジェンダー、セクシュアリティの人権課題』
-LGBTsから考える、社会の自由・不自由?-
【講 師】仲岡しゅんさん(弁護士)
【日 時】12月1日(日) 14:00~16;00
【会 場】松江市民活動センター(スティックビル)201研修室
【主催】多文化共生みっくすさらだ
【問合先】090-1685-4043(赤井)

■医療と教育について考える会 12月例会
「ハンセン病家族訴訟について」報告
日時:2019年12月14日(土)午後1時半から4時まで
会場: 松江総合医療専門学校 学生会館大会議室
会費:300円(会費の一部で図書を充実します)
*お問い合わせ: 関 090 7549 8114   福光 090 8602 1298

映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』松江上映会
オフィシャルサイト
日 時:2020年1月18日(土)
会 場:松江市民活動センター(スティックビル)交流ホール
     http://www.minkatsu-ringring.net/center/access/
私もびっくりしましたが、監督は1970年「あつい壁」(ハンセン病の家族被害がテーマ)で監督デビューを果たし中山節夫さんです。 これもなにかの縁です、来年は 「あつい壁」 上映会も企画したいと思います。
主催:松江市青年団体連絡協議会/松江キネマ倶楽部
問合せ先 090-2003-6623 中村 

三上智恵監督作品『標的の島 風(かじ)かたか』松江上映
日時:2020年1月19日(日)
会場:松江市民活動センター(スティックビル)504会議室
 『標的の島 風(かじ)かたか』は、辺野古の新基地建設に揺れる沖縄、そしてミサイル基地建設が進められている宮古島・石垣島など、住民の苦悩を飲み込みながら「日本の安全保障」の最前線の場に立つ琉球諸島の現状を描く映画として高く評価されています。必見! 連続講演会も予定しています。
主催 戦後史会議・松江/キネマ倶楽部
問い合わせ 090-3638-3675(田中) 

■映画「主戦場」松江上映会(準備中)
オフィシャルサイト 
日時:2020年3月15日(日)
会場:松江市民活動センター(スティックビル)交流ホール
 慰安婦、徴用工、領土…日本では未だに戦争責任、戦後処理に関する問題が噴出している。私たちはどう考えるべきなのか。話題の映画を提供することで、市民が戦後史を考える一つのきっかけとなることを期待している。
主催:映画「主戦場」上映実行委員会、松江キネマ倶楽部
問合せ:090-3638-5438(森)

今日はここまで。年末年始に向けてお忙しいでしょうが、無理のないところでご参加ください。