1907137月18日追記
感想集できました。

=================
島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
映画「道草」Official Site
日 時:13日(
 ①11:00〜12:30
 ②13:30〜15:00 
 ③17:00〜18:30
会 場:松江市市民活動センター 504講義室
参加費:前売券 1000円/当日券 1300円
     介助者1名、18歳以下無料
主催:和と輪と羽の会/部落解放同盟島根県連合会松江支部
お問合せ・電話予約:080-6311-3310
後援:松江市/フォーラム平和・人権・環境しまね/朝日新聞松江総局/山陰中央新報社/毎日新聞松江支局/読売新聞松江支局
----------------------
 知的障「害」がある人の暮らしの場は少しずつ広がっていますが「重度」とされる人の多くは未だ入所施設や病院で隔離されているのが実情です。
 そんな中、2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的・精神障「害」者もヘルパー(介護者)付きでひとり暮らしが出来る可能性が大きく広がりました。
 この映画はヘルパー(介護者)付きでひとり暮らしをはじめた4組にスポットを当てた映画です。
 
 高校を卒業して自立生活をはじめて6年の岡部亮佑(オカベ・リョースケ)さん。10年間の入所生活、1年間の入院期間を経てハタチで自立した、桑田宙夢(クワダ・ヒロム)さん。入所生活を経て3年前に自立するも、騒音などで家を替えること3度。自分を探す旅を介護者とつづけている、中田裕一朗(ナカダ・ユウイチロー)さん。津久井やまゆり園に入所していた2016年、殺傷事件の被害にあい一命を取り留め両親と自立を目指しはじめている、尾野一矢(オノ・カズヤ)さん。
 
 障「害」者を排除・隔離するのではなく、障「害」を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるような社会を皆さんと模索したいと思います。 ぜひご参加ください。