「サッカーE-1選手権 制裁措置踏まえ北朝鮮は賞金なし」(毎日新聞)
「国連などは核開発を進める北朝鮮への経済制裁を強化している。日本政府は昨年2月、独自制裁として、北朝鮮居住者への金銭の支払いを原則禁止する措置を講じた。同連盟は、こうした現状を踏まえ賞金を出さないことを決めたという。 」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
1_60 スポーツ大会の政治利用はオリンピックをはじめ珍しくないが、これはオリンピック憲章、スポーツ精神の侮辱であり、ヘイトスピーチにも似た人権侵害である。

 さらに深刻なのはどこからも糺す発言が聞こえてこないことである。 日本サッカー協会がこの蛮行を許すとなると主催の東アジアサッカー連盟もふくめ今後「スポーツマンシップ」を語ることは笑止千万であろう。

 政府が主導する北朝鮮バッシングは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」で朝鮮学校にまで及んでいる。「親が気に入らないから子どもを困らせる」やり方は中学生のいじめを見るようだ。在日外国人に対する人権意識の低さは「外国人技能実習制度」にも現れている。
もはや現代の「奴隷制度」と化した外国人技能実習生制度

 本当の朝鮮学校を理解するために映画と美術展を計画しました。
■1月21日(日) 映画「60万回のトライ」
■2月1日(木)~4日 「在日朝鮮学生美術展島根松江展」

 あまりにも偏見に満ちた報道、露骨な情報操作が多い中で、この映画と美術展のメッセージを感じてもらい、お互いに理解しあえる関係を作りたいと思います。
====================
オリンピック憲章-オリンピズムの根本原則
6.   このオリンピック憲章の定める権利および自由は人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的またはその他の意見、 国あるいは社会のルーツ、 財産、 出自やその他の身分などの理由による、 いかなる種類の差別も受けることなく、 確実に享受されなければならない。