1001チラシポスター「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
谷元昭信 講演会
『冬枯れの光景』
-部落差別克服への根本課題-
「冬枯れ」は枯渇の状態ではなく新たな生命・新たな息吹きへの力を蓄えている状態である。
日 時:10日(日) 14:00~16:00
会 場:松江市民活動センター
     (スティックビル)201研修室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主 催:人権パッチギの会 松江
後 援:島根県教育委員会、松江市、松江市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞松江総局、読売新聞松江支局、島根日日新聞、山陰中央新報社、毎日新聞松江支局
問合先:090-3638-5438 森

 谷元先生にはこれまで、「憲法」、「冤罪」、「権力への隷従」、「民主主義」と多方面からの人権課題を展開していただきました。今回は約50年近く部落解放運動を推進してきた
自らの歩みと実例を挙げながら、部落差別克服への根本課題を探りたいと思います。
 
※谷元さんが本を出版されました。今回も気合が入っています。ぜひ足をお運びください。
  冬枯れの光景-部落解放運動への黙示的考察 -
  四六判 360頁 定価2000円+税
【著者略歴】
1951年 岡山県北部の農山村の被差別部落で生まれる。
1970年 大阪市立大学法学部入学と同時に、部落解放運動に参画。
1973年 部落解放同盟大阪府連合会西成支部青年部に所属。
1974年 部落解放研究所に勤務。
       部落解放全国行進隊および狭山中央オルグ団に参加。
       解放出版社に勤務。
1975年 部落解放同盟中央本部に勤務。
1982年 部落解放同盟中央本部事務次長に就任。
1988年 反差別国際運動(IMADR)事務局次長に就任。
1990年 部落解放同盟中央本部事務局長に就任。
1992年 部落解放同盟中央執行委員に就任。
       部落解放同盟大阪府連特別執行委員に就任。
1994年 部落解放同盟中央書記次長に就任。
1996年 上記役職辞任。
       部落解放同盟西成支部副支部長に就任。
       ヒューマンライツ教育財団理事に就任。
1998年 大阪市立大学非常勤講師に就任。
2000年 部落解放同盟中央執行委員に再就任。
        同 大阪府連特別執行委員に再就任。
2002年 部落解放同盟中央書記次長に再就任。
       反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)事務局次長に就任。
2004年 部落解放同盟西成支部特別執行委員に就任。
2012年 部落解放同盟関係役員を退任(3月31日)。
       (社)部落解放・人権研究所 運動理論部会副部会長に就任。
       (株)ナイス 政策研究室室長に就任。
       〔ナイスは「Nishinari Inner City Enterprise」の略〕
現在  大阪市立大学非常勤講師(1998年~現在)。
      関西学院大学非常勤講師(2017年~現在)。