1204日 時:12日() 14:00~
演 題:「ヘイトスピーチ解消法」と「部落差別解消法」の今日的課題
 あらため 『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』 国会情勢をにらみながら調整変更しました)
講 師:谷元昭信  大阪市立大学非常勤講師
会 場:松江市民活動センター(STICビル)
主 催:人権パッチギの会 松江
共 催:部落解放同盟島根県連合会松江支部/部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 

 今年の4月1日から「障害者差別解消法」が施行され、「ヘイトスピーチ解消法」は6月3日に施行された。 そして、今国会で「部落差別解消法案」が審議される予定になっている。 また、「LGBT差別解消法案」も今後提出される予定である。

08_2 いずれも国連で採択された国際条約(障がい者権利条約人種差別撤廃条約)にもとづいて作られた国内法だが、処罰立法措置の有無等、問題点・課題も少なくない。

 当然のごとく、法律だけが出来ても差別は解消しないのは承知しているが、まず「行政サービス」から改善できることは歓迎したい。 しかし、法的運用の理念、行使を間違えると差別の拡散・連鎖を伴うことも肝に銘じなければならない。

 過去、谷元先生には、「憲法改正問題」、「冤罪の構図」、「無自覚な権力への隷従の罪」を分かりやすく、そして歯切り良く解釈、展開していただきました。 今年も各差別解消法成立の過程と背景を分かりやすく整理することで今後の課題をあぶり出し、より一層の理解を深めたいと思います。