41 8月21日、はじめて靖国神社遊就館におじゃました。 どこの国も「仕掛けた戦争」は「正義の聖戦」にしたいらしい。

■「欧米の侵略からアジアを守る!」といって、日中戦争から太平洋戦争で亡くなった軍人・軍属は230万人、「6割が餓死した」と言われている。 日本国 民間人の戦没者数は約80万人。 そして日本軍による他国 民衆殺戮は一番少ない資料でも500万人以上だという。

06
 このすべての責任は日本軍の統帥権を持つ国家元首、かつ大日本帝国陸海軍の最高指揮官であった昭和天皇にある。 

43  いくら「遊就館」で侵略戦争を美化して犬死した軍人を慰霊しても、虚しさと怒りしか感じない。 何時の世も政権は天皇を利用して「国を守るために命を投げ出せ!」と国民にる。
 戦争を知らない者をだませても
25、リアルタイムで現場 を知っている昭和天皇はだませなかった。 遊就館の展示資料を観るのが辛かったと思う。
 だって800万人以上の屍を踏みつけて生き残ったのだから。
  私が昭和天皇なら「遊就館だけには行きたく ない!」

 しかし、「戦争の悲惨さと、戦争を始める滑稽さ」を証明しているのも”遊就館”である。

54 
 ■遊就館には戦死を前提とする「特攻兵器」の展示もされている。 回天、海龍、桜花等等。
 その説明文に開発者の氏名が誇らしく記入されて
いる。 開発者の遺族の承諾はとっているのだろうか?
 
特攻隊員戦死者数は5836人( 特攻
隊戦没者慰霊顕彰会)だという。 戦死した隊員の遺族はどのような思いで説明文を読むのだろうか?
 私が特攻兵器開発者の遺族なら「遊就館だけには行きたくない!」

WI8jY18w_400x400 ■12月3日(土)映画「サクラ花」松江上映会があります。 (主催:松江キネマ倶楽部)

 この映画は特攻を通して戦争の悲惨さと残酷さ、平和や命の尊さを訴えた作品です。

15 現在の日本は同じあやまちを歩み始めました。 私たちには過去の戦争で犯したあやまちを記憶していく責任があり、戦争に加担しないことこそが最大の戦没者への慰霊です。 
 だまされる私たちにも責任はあります。 戦争は「だます政権」と「だまされる国民」の両者がいなければ始まりません。40
 

 「国を守る」とは「時の政権を守ること」であり国民を守ることではないことに早く気づかなければなりません。