ポスター【5月10日追記】
大変遅くなりました。
映画「うまれる ずっと、いっしょ」の感想集&報告集
(PDF1.6MB) ができました。
みなさん ご参加、ご協力ありがとうございました。

次回は3月頃に
映画「さとにきたらええやん」を計画中です。
乞うご期待です!!

----------------------------------------------------------
島根県委託事業・みんなで考える人権事業】
映画「うまれる ずっと、いっしょ。」

http://www.umareru.jp/
島根CAP 原代表よる人権教育講演会
 島根CAPとは
2016年35日(土)  チラシ
1 回目 1 0 : 0 0 ~ 1 2 : 1 0(ファミリータイム
講演 1 3 : 0 0 ~ 1 4 : 3 0
  島根CAP 原代表よる人権教育講演会
2 回目 1 4 : 4 0 ~ 1 6 : 5 0
※ファミリータイムとは?
 ちょっと騒いでも大丈夫!赤ちゃんや子どもと一緒に映画を観れます。趣旨をご理解の上で赤ちゃん同伴でない方も入場できます。 場内を少し明るくし、音量も少し大きめにします。
************************************************************
pdf イジメ、不登校、ひきこもり、児童虐待、育児放棄。社会環境のいびつな変化は子どもたちに多種多様な影響を与えています。
 「子どもたちがのびやかに、健やかに育っていない現状を少しでも改善したい。」という思いで「和と輪と羽の会」を立ち上げました。 この会は子どもの教育環境を通して学校・地域・子どもたちの和と輪と羽(羽ばたく未来)を考える。 次の世代に引き継いでいかれるような「人権文化」の構築と人材育成を目的としています。
 今回「島根CAP」代表の原さんを招き、子どもをあらゆる暴力から守る人権教育プログラム普及に努めている活動のお話を聞き、家族と地域のおとなが一体となって子どもを見守る新しい関係を築きたいと考えています。
 そしてその問いかけの答えは、親族の理解はもとより、地域住民のやさしいまなざし、行政の理解による制度的な支援の充実の中に解決の糸口があると考えます。
 映画と講演会を通して有意義な人権問題を考える場にしたいと思います。
(和と輪と羽の会 趣意文より)

************************************************************
【会場】松江市市民活動センター(スティックビル)交流ホール
【料 金】一般前売1000円、当日1300円 障がい者、学生以下無料
(チケット取扱所)島根県民会館、今井書店、プラバホール
【主催者】和と輪と羽の会、松江キネマ倶楽部、松江市青団連協議会、 部落解放同盟島根県連合会女性部
【後援】島根県、松江市、島根県教育委員会、松江市教育委員会、島根県助産師 会、朝日新聞松江総局、NHK松江放送局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中 国新聞社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局 、エフエムいずも

駐車場 会場にも駐車場はありますが、当日は混雑が予想されます。なるべく、公共交通機関をご利用ください。バス停は「天神町」で降りてください。
 松江市市民活動センターから徒歩10分圏内のコインパーキング
 ※駐車料金は変更している場合があります。料金は自己負担で願います 。
人権パッチギの会は「島根CAP」の理念を応援しています。