ハンナ・アーレントポスター12月10日追記
ご来場、ご協力ありがとうございました!

第一回映画上映、谷元昭信 人権講演会、第二回映画上映すべてにおいて満員御礼でした。

参加者感想集&報告書

参加者の皆様にはこちらの不手際で大変窮屈な思いと質疑応答時間が少なく残念な思いをおかけしまして申し訳ありませんでした。

********************
映画「ハンナ・アーレント」
松江上映会2015

日 時:11月21日(土)
10:00~12:00 第一回映画上映
13:00~14:20
谷元昭信 人権講演会
大阪市立大学非常勤講師
演題: 「悪の凡庸」が問いかけるもの
―ハンナ・アーレントへの私たちの回答―
   当日のレジュメ   チラシ
14:30~16:30 第二回映画上映

 ナチス党は正式な選挙により政権を担い全権委任法を成立させ、ユダヤ人だけでなく被差別民族、身障者等600万人以上を虐殺した、国策として。

 そしてナチス党を支え協力したのが「思考を停止した善良な市民」であり、戦時中の日本でも同じことが行われた。 国策だからといって何の疑問も持たず積極的に協力し、加害者となり、そして被害者となった。
   国家総動員法制定から77年、また同じことが繰り返されようとしている。

 
 マスコミ、政府発表だけをを聞いていると心がおかしくなりそうで、年に一度はまともな話を聞くために今年もお願いしました。
 谷元先生に当時の政治状況と時代背景の問題点を浮き彫りにし、アーレントの問いかけを分析・解説していただきます。そして、現代にも通じる人権課題を皆様と共有し、「思考」を鍛えたいと思います。

会 場松江市民活動センター504 講義室
入場料:一般前売1000 円 当日1300 円
     身障者/学生以下無料
前売券取扱所:島根県民会館/プラバホール/今井書店
主 催:松江市青年団体連絡協議会/松江キネマ倶楽部人権パッチギの会 松江
後 援:松江市・島根県教育委員会・松江市教育委員会・中国新聞社松江支局・毎日新聞松江支局・ 朝日新聞松江総局・山陰中央新報社・島根日日新聞社・読売新聞松江支局
     島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業
問合せ: 0 9 0 - 3 6 3 8 - 5 4 3 8(森)