20130515224444145少し遅いですが、ようやくわかりました。
「原子力規制委員会」は環境省の外局機関であり、
規制しながら原発を推進する団体とご理解ください。けっして「脱原発」でもなければ小出裕章先生が委員なることもありません。

 泉田新潟県知事の対応を見ても、「安全と手続き論」で反対していては、時間と金をかければ「OK」と言わざるを得ません。と言うか「再稼働ありきで、いくら金を地元に持って帰るか」がミエミエのような気がするのは私だけか? すべての原発所在地の首長も同じに見えるのは私だけか?

「核燃料サイクル、核のゴミ処理場の確立なくして再稼働なし!」と言ってくれる首長を待ってます。

安全は金で買えるが、10万年と言う時間は金で買えない!

もったいぶって時間稼ぎをしている元通産官僚知事よりこっちの方が歯切れがよい!

小泉元首相がまた安倍批判「汚染水は漏れている!

※イラストは橋本勝さんの「脱原発憲法」