■■■■■■■■■■■■
映画「ウリハッキョ」上映
■■■■■■■■■■■■
日時:2013年2月10日(日)
場所:市民活動センター 504研修室
(松江市白潟本町 スティックビル)
入場料:500円     ちらし
10:00(9:30開場) 13:00(12:30開場) 16:00(15:30開場)
主催:ウリハッキョ上映実行委員会・松江キネマ倶楽部
お問い合わせ:090-3638-5438

 この映画は韓国の映画監督キム・ミョンジュン氏が、3年間かけて北海道朝鮮初中高級学校に通う生徒と教師の強いきずな、民族学校に子どもを通わせる親の熱い思いを描いたドキュメンタリーです。

 拉致事件解決に対する政府の無能ぶりをかわすため、意図的に陽動されている『高校無償化」からの朝鮮学校のみの排除。朝鮮学校生徒に向けられた「バッシング・嫌がらせ」は幼稚な「中学生のいじめ」を見るようで心の痛む日が続いています。
 侵略された民族から見た歴史を「反日教育」とののしり、民族教育を「スパイ教育」と揶揄する日本人を残念に思います。

 民族教育は世界人権宣言、国際人権規、人種差別撤廃条約等で保証されており、日本の外交駆け引きで民族教育が不利益を被るのは明らかな人権侵害です。

 「朝鮮学校ってどんなとこ?」「素顔の朝鮮学校を知りたい!」という声が多くなり、上映会を企画しました。あまりにも偏見に満ちた報道、露骨な情報操作が多い中で、この映画のメッセージを感じてもらい、お互いに理解しあえる関係を作ることを目的としています。

 作業の手伝い、チケット販売のできる方はお知らせください。 たくさんの方々に賛同いただき一緒に上映イベントを成功させていと思います。ご協力よろしくお願いします。