人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

■谷元人権講演会無事完工しました

IMG_4374みんなで学ぶ人権事業6
 開会の挨拶は共催の部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 原委員長にお願いしました。

 谷元講演会の演題は国会の情勢をにらみつつ『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』に変更しました。IMG_4375
  感想集
  レジュメ(19ページ)
  参考資料(17ページ)
参加できなかった方も分かりやすいレジュメになっています。

【レジュメから抜粋】
 民主主義の本質は、人民主権である。人民主権を担保する大前提は、人民平等人類平等の原則である。基本的人権は、この平等の原則から導かれる。
したがって、いかなる権利も平等の原則から逸脱してはならないし、平等の原則を破壊する自由は制限される。KC4D0004
 しかし、いかなる意味においても国家権力による恣意的制限は許されず、平等の原則の破壊の場合のみ基本的人権に対する制限は許容される。
 この本質的原理から、「表現の自由は大事だが、差別する自由はない」との原則が導かれるのであり、「差別禁止法」の制定が担保される。(改憲論における「公共の福祉」から「公の秩序」への改正案に注意)
 平等の原則が破壊される時は、徹底した抵抗権が保障される。差別への抗議や糾弾は、抵抗権の行使であり、対抗言論の原則にもとづく「対話の継続」であり、民主主義の根源を護り発展させる取り組みである。
======================================
■来年も「谷元人権講座」をお楽しみに!

■「ヘイトスピーチ解消法」と「部落差別解消法案」の問題点と課題を考える

1204日 時:12日() 14:00~
演 題:「ヘイトスピーチ解消法」と「部落差別解消法」の今日的課題
 あらため 『最近の一連の人権関連法制度と民主主義の課題―ヘイトスピーチ解消法・部落差別解消法の成立とその問題点』 国会情勢をにらみながら調整変更しました)
講 師:谷元昭信  大阪市立大学非常勤講師
会 場:松江市民活動センター(STICビル)
主 催:人権パッチギの会 松江
共 催:部落解放同盟島根県連合会松江支部/部落解放・人権政策確立要求島根県実行委員会 

 今年の4月1日から「障害者差別解消法」が施行され、「ヘイトスピーチ解消法」は6月3日に施行された。 そして、今国会で「部落差別解消法案」が審議される予定になっている。 また、「LGBT差別解消法案」も今後提出される予定である。

08_2 いずれも国連で採択された国際条約(障がい者権利条約人種差別撤廃条約)にもとづいて作られた国内法だが、処罰立法措置の有無等、問題点・課題も少なくない。

 当然のごとく、法律だけが出来ても差別は解消しないのは承知しているが、まず「行政サービス」から改善できることは歓迎したい。 しかし、法的運用の理念、行使を間違えると差別の拡散・連鎖を伴うことも肝に銘じなければならない。

 過去、谷元先生には、「憲法改正問題」、「冤罪の構図」、「無自覚な権力への隷従の罪」を分かりやすく、そして歯切り良く解釈、展開していただきました。 今年も各差別解消法成立の過程と背景を分かりやすく整理することで今後の課題をあぶり出し、より一層の理解を深めたいと思います。

■ハンセン病の歴史に学ぶ

【11月3日追記】
 講演会無事終了しました。KC4D0005
 当日の レジュメ と 参加者の感想文 と 講演写真 です。
 ハンセン病患者の隔離政策は戦前から国策で行われました。戦後完治しても国は誤った政策を継続し、市民も率先して加担、容認し続けました。 まるで戦争と同じ構図です。

 政府は必ず噓をつきます、しかし、だまされた私達にも責任はあります。 
そして御用マスコミ大本営発表を鵜呑みにせず、これからも本質を嗅ぎ分ける嗅覚を共に鍛えていきたいと思います。
====================
1029tira日 時:2016年1029日(土)
   14:00~17:00
会 場:松江市民活動センター
   (白潟本町スティックビル)503研修室
 
演 題:ハンセン病の歴史に学ぶ ―ハンセン病問題と私たちのあゆみ15年-
講 師:福原孝浩さん
  ハンセン病市民学会、NPO法人「多文化共生と人権文化LAS(らす)」理事

 今年は、1996年「らい予防法」廃止から20年、2001年「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟原告勝訴から15年という節目の年です。
 国はハンセン病患者を療養所に強制隔離し、たとえ治癒しても社会に帰ることを許さない、という政策をとりました。 国主導で行われた人権侵害を国民が追従し痛ましい人権侵害が約100年続きました。 同じ不幸な歴史を繰り返さないために「ハンセン病の歴史に学ぶ講演会」を開催します。

【議題】
○ハンセン病療養所を訪ねて、退所者を訪ねて15年
○映像視聴「もういいかい」(30分程度)
○ハンセン病市民学会 会員として12年 出会いと学び
○残された課題

主催:人権パッチギの会 松江
共催:部落解放同盟島根県連合会松江支部


【後援】 
島根県、松江市、中国新聞社、毎日新聞松江支局、島根日日新聞社、読売新聞松江支局、山陰中央新報社、朝日新聞松江総局

■私が〇〇なら「遊就館だけには行きたくない」 ・映画「サクラ花」松江上映会

41 8月21日、はじめて靖国神社遊就館におじゃました。 どこの国も「仕掛けた戦争」は「正義の聖戦」にしたいらしい。

■「欧米の侵略からアジアを守る!」といって、日中戦争から太平洋戦争で亡くなった軍人・軍属は230万人、「6割が餓死した」と言われている。 日本国 民間人の戦没者数は約80万人。 そして日本軍による他国 民衆殺戮は一番少ない資料でも500万人以上だという。

06
 このすべての責任は日本軍の統帥権を持つ国家元首、かつ大日本帝国陸海軍の最高指揮官であった昭和天皇にある。 

43  いくら「遊就館」で侵略戦争を美化して犬死した軍人を慰霊しても、虚しさと怒りしか感じない。 何時の世も政権は天皇を利用して「国を守るために命を投げ出せ!」と国民にる。
 戦争を知らない者をだませても
25、リアルタイムで現場 を知っている昭和天皇はだませなかった。 遊就館の展示資料を観るのが辛かったと思う。
 だって800万人以上の屍を踏みつけて生き残ったのだから。
  私が昭和天皇なら「遊就館だけには行きたく ない!」

 しかし、「戦争の悲惨さと、戦争を始める滑稽さ」を証明しているのも”遊就館”である。

54 
 ■遊就館には戦死を前提とする「特攻兵器」の展示もされている。 回天、海龍、桜花等等。
 その説明文に開発者の氏名が誇らしく記入されて
いる。 開発者の遺族の承諾はとっているのだろうか?
 
特攻隊員戦死者数は5836人( 特攻
隊戦没者慰霊顕彰会)だという。 戦死した隊員の遺族はどのような思いで説明文を読むのだろうか?
 私が特攻兵器開発者の遺族なら「遊就館だけには行きたくない!」

WI8jY18w_400x400 ■12月3日(土)映画「サクラ花」松江上映会があります。 (主催:松江キネマ倶楽部)

 この映画は特攻を通して戦争の悲惨さと残酷さ、平和や命の尊さを訴えた作品です。

15 現在の日本は同じあやまちを歩み始めました。 私たちには過去の戦争で犯したあやまちを記憶していく責任があり、戦争に加担しないことこそが最大の戦没者への慰霊です。 
 だまされる私たちにも責任はあります。 戦争は「だます政権」と「だまされる国民」の両者がいなければ始まりません。40
 

 「国を守る」とは「時の政権を守ること」であり国民を守ることではないことに早く気づかなければなりません。

■映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」上映会

omote
 島根県出身の「古居みずえさん」の初になる原発がテーマのドキュメンタリーが完成しました。

 故郷を奪われた飯舘村民の姿がパレスチナの人たちと重なった。
 
通販生活 監督インタビュー
 
 「笑い声」がこんなに人を励まし、勇気づけるのを教えてくれる映画です。
 チラシ
 
と き:2016年1030日(
    ①10:00~ ②13:30~(※開場 各回30分前)
    監督講演  ①11:40~12:25 ②15:10~15:55
ところ:松江市市民活動センター 5F 交流ホール(スティックビル)
参加費:前売り1,200円(当日1,500円)
             高校生以下、障がい者の介護者無料
主 催:映画「飯舘村の母ちゃんたち 土とともに」松江上映実行委員会
共 催:「ベアテの贈りもの」を届ける会・古居みずえ故郷の会
              ぴぃすうぉ~く松江・松江キネマ倶楽部
お問合せ:090-1336-0629(芦原)・090-3638-3675(田中)


■映画「はなちゃんのみそ汁」松江上映会

0602ポスター「はなちゃんのみそ汁」映画「はなちゃんのみそ汁」

食べることは 生きること。
ちゃんと作る、ちゃんと食べる
大切な家族へ、愛するひとへ伝えたい、いのちのメッセージ
日 時: 9/4(日) ①10:30 ②14:00 ③18:30
    5F交流ホール

 この物語は、千恵さんと家族の癌との闘病記を綴ったブログから始まった。2012年にはエッセイとして発売され、大きく話題になったらしい。
 
 余命いくばくかと告げられた千恵さんは、それでも生きることを諦めなかった。それは治る治らないとは全く別の次元で、自分が娘にしてあげられることを精一杯、生きたんだと思う。
 『はなちゃんのみそ汁』が誘う涙は、悲劇に打ちひしがれるものではなく、とても前向きなものだ。「死」というどうしようもない現実を目の前に、それでも前向きに生きる千恵さんの姿勢に学びたい。
早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~
 作品紹介  
  
入場料:一般 前売1300円(当日1500円)/小中高生 当日のみ800円/(障がい者の介助者は1名無料)

主 催:松江市青年団体連絡協議会/松江キネマ倶楽部

後 援:松江市教育委員会/山陰中央新報社/読売新聞松江支局/毎日新聞松江支局/朝日新聞松江総局/島根日日新聞社/日本海テレビ/BSS山陰放送/TSK山陰中央テレビ/山陰ケーブルビジョン/エフエム山陰/エフエムいずも/(一社)松江市医師会

問合せ: 090-2003-6623 とむ
★チケットのお求めは…★
県民会館チケットコーナー/今井書店主要各店/プラバホールほか

■安倍政治も私たちも同罪ではないか!

hqdefault 安倍政治が目指す新自由主義とは自己責任を基本とした市場原理主義への回帰であり、規制緩和等による競争促進、合理性、効率性を極限まで追求する経済システムである。
 このシステムは必然的に生産能力のないものを淘汰し、「優生思想」を助長する。
 1999年9月の石原慎太郎の発言
 2015年11月の茨城県教育委員・長谷川智恵子の発言
 2016年6月の自民党の麻生太郎の発言

 優生思想に染まった心ない一部の行政、議員、財界人の発言は障がい者への偏見をさらに助長し、知的・精神障害者施設や病院の建築に、猛烈な住民の反対運動を受けることも少なくないらしい。
 大阪府箕面神奈川県川崎市愛媛県松山市
 
 また、現在でも優生思想を引きずった法律が存在するという。 障害者の断種を目的として1940年に成立した「国民優生法」は戦後「優生保護法」と名を変え平成8年(1996年)まで存在し、再度「母体保護法」と名前を変えてはいるが中身は優生思想を引き継ぎ現在でも適用されている。

 利潤追求だけを正当化する安倍政治は「地域格差を是正する」と言って精神障害者ら7.9万人の受給減額・停止をするという。 安倍政治と狂気に走った「植松聖」は「人を殺す」ことでは同罪ではないか?
日本経済新聞 2015/12/12
 そして何も考えないで、「理念なき政治と道徳なき経済」に自ら隷従し、障害者差別を助長している私たちも同罪ではないか?

 おりしも「障害者差別解消法」が平成28年4月1日から施行された。 法律だけでは解決できない問題ではあるが、正しい理解と正しい運用、改善をこれからも深めたい。 そしてマスコミ大本営発表を鵜呑みにせず、本質を嗅ぎ分ける嗅覚を共に鍛えていきたい。

「あまくない砂糖の話」上映会&幕内先生トークショー

261e

映画「あまくない砂糖の話」
日時:平成28年911日(
   9:00~  受付8時半~

場所:松江市市民活動センター
   (ステイックビル) 
5階交流ホール
講演会情報  チラシ 
講師:幕内秀夫先生の紹介
 
【主催 
前売券 1,000円、  
当日券 1,500円
プレイガイド 
】島根県民会館、今井書店(田和山・学園・出雲・ゆめタウン出雲・錦町・イオンモール日吉津・安来プラーナ店・ゆめタウン浜田)、Aya母乳育児相談室
【託 児 
】要予約 先着10名(残りわずか)  

 子どもの健康と食育を考える映画上映会と講演会です。 「食」の問い直しが「生き方」の問い直しになります。 
 

朴 保 「怒りの平和ライブコンサート」8.6

0806pos 隷従を美徳と思い込み、不正があっても自分で行動を起こさず愚痴ばかり。 スポーツ、芸能・エロネタで不満を埋め、マスコミの報道を疑いもせず信じ込み、「バカな議員ばかりだから」と言いながら、同じバカな政党、議員に投票する。

 朴保(パク・ポー)の歌はこんな僕達に静かな怒りで頬を打つ。

 彼の特異な点は、その全キャリアを通じて、日本と朝鮮半島のみならず、アメリカン・ロック、レゲエ、そしてネイティヴ・アメリカン、アイヌ、沖縄(琉球)、といった先住民族など、様々な文化的な領域を縦横無尽に行き来することで培い、研ぎ澄ませてきたマルチ・カルチャーな世界観にある。

 ヒロシマの日に、歌で人権・
憲法・原発を考える平和ライブ・コンサートを開催します。 
朴保(パク・ポー)の怒りの叫び(歌)を聴け!

朴保Pak Poe official site
朴保とは何者なのか?

86日(土) 出演:朴保(vo.g,pf) 中川卓也(g)
開場13:30      開演14:00~16:00  チラシ
会場:松江市市民活動センター(スティックビル)5F交流ホール
前売り1000円/当日1500円(介助者・18歳未満は無料)
主催/在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会

島根県委託事業:みんなで学ぶ人権事業

後援/島根県、松江市、島根県教育委員会、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中国新聞松江支社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局

『この世の終わりなど見たくはない』


~在日コリアンアーティスト朴保~ 
2003年11月制作/30分作品

==============
【9/9追記】
当日の状況写真です。

2629












26









6326_n



日本政府の対応とマスコミの取り上げ方に「靖国史観」を感じる。


WS000000 バングラデシュ首都ダッカで起きた人質事件で、犠牲になった日本人にたいする日本政府の対応とマスコミの取り上げ方に「靖国史観」を感じる。

 今回の犠牲者はJICA(国際協力機構)の委託企業が大半、かたや2004年にイラクで起きた日本人人質事件となった高遠菜穂子さん他2名はボランティア活動家。現在進行形で人質になり安否が危ぶまれている安田純平さんはフリージャーナリスト。

 政府が主導した「高遠バッシング」は今でも心が痛む。
 
 国・大企業関係者は守るが民間ボランティア、フリージャーナリストは「自己責任」と言い捨てた政府見解に「国民を守る姿勢は微塵も見られない。 「一億総活躍政策」も参議院選挙のリップサービスか? 

 この二重価値観を都合よく使い分けているのが自民党安倍政権だ!

 大本営発表をたれ流すマスゴミの報道も鵜呑みにせず、自分で判断してほしい!
 
■安保関連法案(戦争法案)に賛成した政党・議員を落とせ!
     
(自民党、公明党、日本のこころを大切にする党(旧次世代の党)、日本を元気にする会)

■利権目当てで議員をやってる二世ボンクラ議員を落選に! 
 賛同していただける方だけで良いです。 山陰合区では「AO木を落とせ!」
 
  

カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ