人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。 ハンセン病、朝鮮学校、沖縄、原発

■ハンセン病の歴史に学ぶ講演会

【10月17日追記】
KC4D0016KC4D0019KC4D0020

無事完工しました。
 戦前、韓国のソロクト治療院でも日本と同様、隔離政策がおこなわれたそうです。
ハンセン病の歴史を学ぶこととは「同じ間違いを繰り返さない」ことです。
行政が関与し、国民が競って加担した人権侵害が現在でも沖縄、原発、朝鮮学校に対して同じことがおこなわれています。主権者である私たち市民の姿勢が問われています。よく考えて、選挙に臨んで下さい。
 「何度も騙される私達にも責任はあります。」
 
                  【追記ここまで】
===================
171014演題:「日本のハンセン病史と朝鮮人」
講師:福原孝浩さん
    (ハンセン病市民学会会員)
映像視聴:『海峡越えた問いかけ
        ・韓国ハンセン病患者の90年』
    当日のレジュメ   韓国ソロクトハンセン病治療院
日 時:1014日(土) 15:00~
会 場:松江市民活動センター
     (スティックビル)504講義室
参加費: 500円 介護者、20歳未満無料
主 催:人権パッチギの会 松江
問合先:090-3638-5438 森

今回は日本以外のハンセン病『
患者』に焦点を当てた講演です。
韓国唯一の国立ハンセン病療養所「小鹿島更正園」(現国立ソロクト病院)、台湾唯一のハンセン病療養所
楽生院。) 「らい予防法」が改正された昭和 6年(1921年)時は韓国も台湾も日本の統治下にあり、当時の入所者の処遇は本土以上に厳しい状況だと予想できます。その後の補償問題でもたくさんの欺瞞を残しました。
 
 同じ間違いを犯さないよう、私たち一人一人の姿勢が問われています。
 ぜひご参加下さい。

優生思想関連DVD視聴会
医療と教育について考える会 (自動保存済み) 13:00~14:30
 講演会開始に先立ちまして、同会場にて午後1時から優生思想に関連したDVD上映と視聴感想会を開催します。

医療と教育について考える会


 
 

■みんなで学ぶ人権講座 7

【10月4日追記】
「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」
谷元昭信 講演会 『冬枯れの光景』-部落差別克服への根本課題-
無事完工しました。
KC4D0011KC4D0009

KC4D0007KC4D0006

 要約筆記、手話併用の講演会は初めてであり、担当者さん泣かせの講演会ではありましたが、無事乗り切っていただきました。いろいろな課題も見えてきた充実の講演会でした。
 来年も谷元講演会やります。 これからもご参加ご協力お願いします。(追記ここまで)
======================

1001チラシポスター「島根県委託事業・みんなで学ぶ人権事業」

谷元昭信 講演会
『冬枯れの光景』
-部落差別克服への根本課題-  当日レジュメ
「冬枯れ」は枯渇の状態ではなく新たな生命・新たな息吹きへの力を蓄えている状態である。
日 時:10日(日) 14:00~16:00
会 場:松江市民活動センター
     (スティックビル)201研修室
参加費:500円 介護者、20歳未満無料
主 催:人権パッチギの会 松江
後 援:島根県教育委員会、松江市、松江市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞松江総局、読売新聞松江支局、島根日日新聞、山陰中央新報社、毎日新聞松江支局
問合先:090-3638-5438 森

 谷元先生にはこれまで、「憲法」、「冤罪」、「権力への隷従」、「民主主義」と多方面からの人権課題を展開していただきました。今回は約50年近く部落解放運動を推進してきた
自らの歩みと実例を挙げながら、部落差別克服への根本課題を探りたいと思います。
 
※谷元さんが本を出版されました。今回も気合が入っています。ぜひ足をお運びください。
  冬枯れの光景-部落解放運動への黙示的考察 -
  四六判 360頁 定価2000円+税
【著者略歴】
1951年 岡山県北部の農山村の被差別部落で生まれる。
1970年 大阪市立大学法学部入学と同時に、部落解放運動に参画。
1973年 部落解放同盟大阪府連合会西成支部青年部に所属。
1974年 部落解放研究所に勤務。
       部落解放全国行進隊および狭山中央オルグ団に参加。
       解放出版社に勤務。
1975年 部落解放同盟中央本部に勤務。
1982年 部落解放同盟中央本部事務次長に就任。
1988年 反差別国際運動(IMADR)事務局次長に就任。
1990年 部落解放同盟中央本部事務局長に就任。
1992年 部落解放同盟中央執行委員に就任。
       部落解放同盟大阪府連特別執行委員に就任。
1994年 部落解放同盟中央書記次長に就任。
1996年 上記役職辞任。
       部落解放同盟西成支部副支部長に就任。
       ヒューマンライツ教育財団理事に就任。
1998年 大阪市立大学非常勤講師に就任。
2000年 部落解放同盟中央執行委員に再就任。
        同 大阪府連特別執行委員に再就任。
2002年 部落解放同盟中央書記次長に再就任。
       反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)事務局次長に就任。
2004年 部落解放同盟西成支部特別執行委員に就任。
2012年 部落解放同盟関係役員を退任(3月31日)。
       (社)部落解放・人権研究所 運動理論部会副部会長に就任。
       (株)ナイス 政策研究室室長に就任。
       〔ナイスは「Nishinari Inner City Enterprise」の略〕
現在  大阪市立大学非常勤講師(1998年~現在)。
      関西学院大学非常勤講師(2017年~現在)。



■映画「ぼくと駄菓子の家」松江上映会

1105posutaA2日時:2017年11日(
上映時間 ①11:00~12:15  ②14:00~15:15
予告編
吾郷雄二さん講演会 ①12:20~13:00 ② 15:20~16:00
演題:『 一緒に遊ぶ・学ぶ』  
子どもの居場所 フリーダス代表
会場:松江市民活動センター(スティックビル)504講義室
主催:わ・わ・わの会(和と輪と羽の会)
共催:部落解放同盟島根県連合会女性部/子どもの居場所・フリーダス
後援:松江市、松江市教育委員会、朝日新聞松江総局、山陰中央新報社、島根日日新聞社、中国新聞社、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局

「わ・わ・わの会」さんは、毎年「子どもと地域のおいちゃん、おばちゃん」をテーマにした映画の上映会をしています。

 この映画は子どもたちの駆け込み寺となった駄菓子屋さんにカメラを据えた映画『ぼくと駄菓子のいえ』の上映をとおして、地域で子どもや親の『居場所』の必要性を考える映画です。通ってくる子供たちを、まるで自分の息子のように接し、懸命に向きあう姿と、決して順調とは言えなくても、必死に前を向いて歩もうと、もがく子供たちを地域で支える環境を提案します。
 松江市でフリースクールを運営している吾郷さんから子どもたちの現状と展望をお聞きします。

映画「さとにきたらええやん」松江上映会
映画「「みんなの学校」松江上映会
映画「うまれる ずっと、いっしょ」松江上映会

■人権パッチギ通信 2017 秋涼の候

秋からのイベント情報です。無理のないところでご参加ください。

■秋の連続講演会 「部落解放史とハンセン病史にまなぶ」
1001チラシポスター①日 時:10日(日) 14:00~17:00
 人権講演会:『冬枯れの光景』・部落差別克服への根本課題
 http://pattigi.blog.jp/archives/5421600.html
 講 師:谷元昭信さん  大阪市立大学非常勤講師
 谷元さん、自らの歩みと実例を挙げながら、
部落差別克服への根本課題を探りたいと思います。
 会 場:松江市民活動センター (白潟本町スティックビル)201研修室

171014②日 時:1014日(土) 15:00~17:00
 人権講演会:「日本のハンセン病史と朝鮮人」
 http://pattigi.blog.jp/archives/5427378.html
 講 師:福原孝浩さん  ハンセン病市民学会会員
 今回は日本以外のハンセン病『患者』に焦点を当てた講演です。
 会 場:松江市民活動センター (白潟本町スティックビル)504講義室
 参加費:500円(会場費、資料代)
 主催:人権パッチギの会 松江

その他、たくさんの企画が計画中です。  

■映画『ぼくと駄菓子のいえ』松江上映会
 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=E809SyDJaGg
 日 時:11日(日)会 場:松江市民活動センター(白潟本町スティックビル)
 主 催:和・輪・羽の会
■映画「60万回のトライ」松江上映会&監督ステージトーク
 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=uNb4_y2D4mk
 日 時:2018年21日(日)会 場:松江市民活動センター(白潟本町スティックビル)
 主 催:多文化共生みっくすさらだ
image■第46回在日朝鮮学生美術展(松江展)
 https://gakubi.jimdo.com/
 日 時:2018年日(木)~4日(日)会 場:島根県立美術館
 主 催:在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会

ご参加、ご協力よろしくお願いします。

■パッチギ通信 向暑の候

8c1f826「愚かな国民には、愚かな政府。安倍政権の暴走は自民党に投票する者がいるからだ」〜小出裕章氏
憲法を守り、政治の暴走を止めるのは「国民の義務」です。
せめて自民、公明の与党議員は落として、アベ政治の暴走を止めましょう。

さて今日は・・・

0630pos映画「スノーデン」松江上映会 【今日です】
 日 時:6月30日(金) ①14:00~ ②18:30~
 会 場:松江市市民活動センター 交流ホール
 入場料:一般 前売1100円(当日1300円)
 主 催:松江市青年団体連絡協議会・松江キネマ倶楽部

7月分■ テーマ:優生思想について③
 「ハンセン病の歴史・障害と戦争について」
 日時:7月8日(土) 14:00~
 会 場:松江市市民活動センター(スティックビル)402 
 参加費:300円(会場費等)
 主 催:医療と教育について考える会
 
問合せ:0852-22-4118 (関)

jpg large■7.17しまね総がかり集会
 変えるな憲法! 許すな!戦争する国づくり
 日 時:7月17日(月・祝日)14:00~16:00(終了後、パレードを予定)
 場 所:松江駅前 テルサホール
 講 師:広渡清吾(日本学術会議・前会長 学者の会・市民連合呼びかけ人)
 講 演:日本国憲法70年と安倍政治
 主 催:しまね総がかり行動実行委員会

ngchirashi_omote映画「日本と原発 4年後」松江上映会
 日 時:7月22日(土) 13:30~
 会 場:島根県民会館303号室
 資料代:500円
 主 催:島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会
 問合せ:090-3372-5685(阪本)


パッチギもお手伝いしているチームの今期行事日程が決まりました。 
詳細は計画中です。後日連絡します。乞う ご期待!!

■「みんなで学ぶ人権講座 7」
 人権講演会:「戦時法制の成立過程と今日的課題」(仮)
 講 師:谷元昭信先生  大阪市立大学非常勤講師
 日 時:10月1日(日) 14:00~17:00
 会 場:松江市民活動センター (白潟本町スティックビル)201研修室
 参加費:500円(会場費、資料代)
 主 催:人権パッチギの会 松江

894映画『ぼくと駄菓子のいえ』松江上映会
 日 程:11月5日(日)  
 会 場:松江市市民活動センター(スティックビル) 504講義室
 主 催:和・輪・羽の会

1160mt映画「60万回のトライ」松江上映会&監督トーク
 
日 程:2018年1月21日(日) 
 会 場:松江市市民活動センター(スティックビル) 504講義室
 主 催:多文化共生 みっくすさらだ                    

在日朝鮮学生美術展(松江展)
 
日 程:2018年2月1日(木)~4日(日)
 会 場:島根県立美術館  
 主 催:在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会

ご参加、ご協力よろしくお願いします。

■パッチギ通信 初夏の候

1280145年前の毎日新聞西山事件と同じ世論操作が政府主導で行われている。

 出会い系バーで女の子にお金を渡そうが、不倫していようが、天下り外部団体を作ろうが、そして低所得の子どもたちのためにボランティアをしていなくても、一人で国家権力に立ち向かってる当事者の文科省前事務次官の証言は無視できないし、信用に値するはずだ。
 何度も下ネタとミサイル・皇室ネタで紙面の矛先をそらし「安倍政権」を守ろうとしている菅さんが痛々しく哀れに見えてくるが、これが「アベ政治」の本質である。
  しかし、ほんとうに問われているのは主権者たる国民の自覚と、メディアの忖度記事である。
 声を出せ!「菅(すが)大本営発表はウソだ」と。
 声を出せ!「オマエはハダカの王様だ!」と。

「大本営発表」とは・・・
権力者による信用できない情報

さて今日は・・・

6月の行事予定です。お近くの方はお出かけ下さい。
kugino1■「もっこす元気な愛」松江・出雲上映会
http://pattigi.blog.jp/archives/5387070.html
【松江会場】
と き:あした 6月3日(土)  14:30~16:00
ところ:菅田会館(松江市菅田町21-2)
https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.070032319
【出雲会場】
と き:あさって 6月4日(日) 10:00~12:30
ところ:
古民家再生展示場 彩の家(あやのや)
    http://madoka-arc.co.jp/?page_id=18
    出雲市 斐川町沖洲1030

0610huku■医療と教育について考える会
テーマ:優生思想について②「ハンセン病の歴史について」
 チラシ https://livedoor.blogimg.jp/morimatue/imgs/3/9/394a8362.jpg
日時:2017年6月10日(土)午後2時から2時間程度
会 場:松江市市民活動センター(スティックビル)和室 
参加費:300円(会場費等)
お問い合わせ: 090-8602-1298(福光)

170618■「子どもが語る・親が語る」
 ~不登校の体験、そして考えたこと~
チラシ http://pattigi.blog.jp/170618kata.pdf
日 時:2017年6月18日(日)14:00~16:30
会 場:松江市市民活動センター(スティックビル)501
資料代:500円 こども無料
主 催:松江不登校を考える会「カタクリの会」
問合せ先:090-7773-7917(アゴウ)

5232df1e■「みんなで考える雲南の地域医療」
講師:松田晋哉(産業医科大学 公衆衛生学教授)
案内ブログ
http://blog.goo.ne.jp/ants55/e/cdcea39d41d4de333db2dd0ae6956447
日 時:2017年6月24日(日)13:00開場 13:30〜
会 場:木次町チェリヴァホール3F
http://www.cheriver.com/access
主 催:雲南地域医療を考える会

0630pos■映画「スノーデン」松江上映会
http://pattigi.blog.jp/archives/5379852.html
日時:6月30日(金) ①14:00~ ②18:30~
会 場:松江市市民活動センター 交流ホール
入場料:一般 前売1100円(当日1300円)
     /高校生 当日のみ800円/介助者1名・中学生以下無料
主 催:松江市青年団体連絡協議会・松江キネマ倶楽部
協 賛:山陰映画センター
電話予約(前日6月29日まで受付)090-2003-6623 とむ

今日はここまで。 足元注意でご安全に!

■「もっこす元気な愛」松江上映会

【06/05追記】
松江・出雲上映会無事完工しました。
KC4D0004KC4D0007KC4D0011




松江会場のアルバム(FB)

--------------
【05/24 追記】
kugino1出雲上映会
と き:2017年日(日) 10:00 - 12:30
会 場:古民家再生展示場 彩の家(あやのや)
    島根県出雲市 斐川町沖洲1030
参加費:無料(若干、交通費のカンパをお願いします)。
連絡先:090-4899-1658(太田)

---------------------
前略、先日お送りした案内に誤りがありました。

「もっこす元気な愛」松江上映会は日です。
主催者、関係者の皆様にお詫び申し上げます。
6月30日は「スノーデン」でした。
http://pattigi.blog.jp/archives/5379852.html
読者の皆様にも訂正とお詫びを申し上げます。

■「もっこす元気な愛」松江上映会
 倉田哲也さんの震災被災地熊本の障がい者について聴く会
  作品の紹介   予告編
と き:2017年
日(土)  14:30~16:00
ところ:菅田会館(松江市菅田町21-2)
【内容】 2005年 上映時間    85分
 両腕に障害(がい)のある倉田さんの自動車運転免許証取得、結婚など、数々の課題を乗り越える姿を追うドキュメンタリー映画を観て、彼自身の話を聴きます。特に、震災被災地熊本の障がい者の現状を中心に、今の倉田さん、今の熊本について話を聴き、意見交換をします。
参加費:無料(若干、交通費のカンパをお願いします)。
連絡先:090-4899-1658(太田)

■映画「スノーデン」松江上映会

【07/01追記】
31572_n無事完工しました。
満員御礼です。
観ている人の緊張感が伝わってくる映画でした。
エンドロールで「アメリカ政府の違法性を裁判所が認める」とあったが、はたして日本ではどうか?
忖度を美徳とする日本の政治風土で三権分離はむなしく感じるが、「不断の努力」でいろいろなこ事を楽しんでお手伝いしたいと思います。

次回の「緊急上映会」は
日(日) 「いしぶみ」です。 乞うご期待!!

--------------------
0630pos松江キネマ倶楽部25年
  Official Site  チラシ
日時:30日(金) ①14:00~ ②18:30~
会 場:松江市市民活動センター 交流ホール
入場料:一般 前売1100円(当日1300円)
     /高校生 当日のみ800円
     /介助者1名・中学生以下無料
 *PG12:12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当
前売券:県民会館チケットコーナー/プラバホール/今井書店主要各店
主 催:松江市青年団体連絡協議会・松江キネマ倶楽部
協 賛:山陰映画センター
電話・メール予約(前日6月29日まで受付)090-2003-6623 とむ
 E-mail:matsuekinema@gmail.com

安保法制、共謀罪、憲法改悪。
政府は誰のために何をしようとしているのか?
何度もだまされる私たちにも責任はあります。
「政府は必ずウソをつく」
         

■長島愛生園、邑久光明園を訪ねて

KC4D0060 4月22日(土)は長島愛生園、邑久光明園の歴史遺産フィールドワークでした。
納骨堂 収容所 監禁室 船着き場 等
長島愛生園    邑久光明園
当日のアルバム(facebook)

 KC4D0051案内・解説役の三谷さんに「邑久光明園 陶芸クラブ」の皆さんとお話する場を作っていただきました。
 入所当時の話、回復・完治して社会復帰しても、ハンセン病の偏見が強く、再入所した話。 「親族が一番きつかった」と未だに故郷に帰れない話・・・。KC4D0056

 皆さんご高齢で直接、陶芸クラブでお話が聞けるのは残念だがあと十年くらいと思われます。 一度は訪問し、国策でゴリ押しされた政策がいかに人権を無視して行われたかを心に刻んで欲しい。
KC4D0034 すべての人権侵害に共通することだが、自分も含め「自分には関係ない」と知ろうとしない者が差別の連鎖・助長に加担していることだ。
 
ハンセン病の隔離政策と同様に現在もなお強行されているゴリ押し国策に監視と抗議の姿勢を示さなければならない。
 沖縄から眼を離すな!KC4D0049
 朝鮮学校に向けられた民族差別を許すな!
 

■国と機動隊に占拠された集落が沖縄にある

izumo 「いのちの森 高江」映画上映と現地報告会
 報告者: 安次嶺 雪音
(あしみね ゆきね)さん
====================
【05月25日追記】
 
目標を大きく超えて大盛況でした。
 この場を借りてお礼申し上げます。
 ありがとうございました!(主催者)
(FB)

  松江会場アルバム(FB)
==========
==========
4月28日追記

【出雲会場】519日(金)
会 場:ろ ーROー (出雲市今市町889-1) 
主 催:「いのちの森」上映実行委員会
問合せ:070-2351-7574
8高江-9【昼の部】
時 間:上映会 13:30~14:40
    報告会 14:40~15:10
    お茶会 15:10~16:00
参加費:1000円(上映会+報告会)
     500円(お茶会)
※ご都合が合わない場合、映画のみのご参加、お茶会からの参加でも構いません。

okinawa-map2【夜の部】
時 間:上映会 19:00~20:10
    報告会 20:10~20:40
    夕食会 20:40~21:30
参加費:1000円(上映会+報告会)
    1000円(夕食会)※要予約
※ご都合が合わない場合、映画のみのご参加、夕食会からの参加でも構いません
====================
0331変更A4チラシ【松江会場】520日(土)
会 場:松江市民活動センター 504研修室
    松江市白潟本町(0852-32-0800)
主 催:「いのちの森」上映実行委員会
     「ベアテの贈りもの」を届ける会
問合せ:090-7990-9490 (山本)

【平田会場】521日(日)
会 場:アール・ムシケ・ワカミー芸術堂
     平田町(茶町)1336番地
主 催:「いのちの森」上映実行委員会
問合せ:0853-63-3351 (ブーケ)
     090-1352-2420 (田中)
時 間:松江・平田会場共通
  ①上映 10:00~11:10
  報告会 11:20~12:20
  ②上映 13:00~14:10
  報告会 14:20~15:20
参加費:松江・平田会場共通
  1000円(会場費+カンパ) 高校生以下無料 介助者1名無料

msg_nature1【安次嶺 雪音(あしみね ゆきね)さんからのメッセージ】
 今、ものすごい勢いで日本の状況が変化しています。沖縄で起きていることは沖縄だけの問題ではありません。ひとりひとりが、「人ごと」ではなく「自分のこと」だと気がついたら、そこから今の流れをぐるりといい方向に変えることができます。子供達の未来を希望あふれる明るい未来にしていきましょう。

【安次嶺 雪音(あしみね ゆきね)さんプロフィール】
 1971年、松江市出身。現在、沖縄県東村高江の山原(やんばる)に住む。5男1女の母で宿泊施設「朝日家」を経営。  オスプレイ配備反対運動の座り込みが「通行妨害」とされ、夫と長女(当時7歳)と共にスラップ裁判の被告にされた。
  沖縄住民と支援者の反対する姿を追ったドキュメンタリー映画「標的の村」(三上智恵監督)にも出演。

国家は国策に疑問を呈する市民に容赦なく襲いかかる! 
 沖縄を見ろ!原発を見ろ!戦争も!

Contact Form

名前
メール
本文
Archive
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ