人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

東大教授ほか原発事故解説者がもらった「8億円原発マネー」

■震災以降、東京電力が全国の大学にカネをバラ撒いてきた実態の一部
http://savechild.net/archives/4197.html

学者に原発マネー8億円 一部電力会社「歪んだ情報提供ない」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110702-00000007-pseven-pol
※SAPIO 2011年7月20日号

今や経済合理性はゼロ

原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/7499f2bb819d113061fed47cced06f62/

あぶり出された原子力のウソ――それは同時に、原発の真実の姿も白日の下にさらしている。そこから目をそらすことは、もうできない。
(週刊東洋経済2011年6月11日号)

「原発労働者」の保障を国の責任で!

■命をけずって作業している「原発労働者」の保障を国の責任で!
東電に任せると「使い捨て」で終わる!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2771
現代ビジネス

誓約書『最大250ミリシーベルト以上の放射線を浴びても、私は自分の意思で働く』。
 250ミリシーベルトとは、緊急時の作業員の被曝限度量です。

■サクリファイス - 犠牲者
-チェルノブイリ原子力発電所事故処理作業で使い捨てにされた労働者
http://video.google.com/videoplay?docid=-6601369124230620869&hl=en#
「90数えたら道具を置いてすぐ逃げ帰れ」




Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ