人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

原発のない安全な暮らしを

原発のない安全な暮らしを
-さよなら島根原発ネットワーク設立総会-

●と き:2011年7月16日(土)14:00~
●ところ:島根県民会館大会議室(松江)  資料代:500円
●講演:後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
●テーマ:「福島原発事故の状況について」
 -福島県の方からの現地報告-
●森田省一さん(双葉地方平和フォーラム副議長)

主催:さよなら島根原発ネットワーク準備会
連絡先:芦原(ネットワーク準備会事務局)090-1336-0629

xdw

東大教授ほか原発事故解説者がもらった「8億円原発マネー」

■震災以降、東京電力が全国の大学にカネをバラ撒いてきた実態の一部
http://savechild.net/archives/4197.html

学者に原発マネー8億円 一部電力会社「歪んだ情報提供ない」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110702-00000007-pseven-pol
※SAPIO 2011年7月20日号

今や経済合理性はゼロ

原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/7499f2bb819d113061fed47cced06f62/

あぶり出された原子力のウソ――それは同時に、原発の真実の姿も白日の下にさらしている。そこから目をそらすことは、もうできない。
(週刊東洋経済2011年6月11日号)
カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ