人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

「沖縄の怒り」をたぶん分かっていないマスコミ、国会議員

「沖縄の怒り」は「普天間基地と辺野古移転」なのに。
それを隠すかのようにマスコミ、国会議員は「問責決議案」を叫んでいる。

面白いのは、辺野古移転推進派ほど「問責決議」の声が大きい。
自民党の稲田朋美、佐藤正久。その他多数。(一部与党も)
いつもの光景である。

原発と同じで「利権と札束」で「中毒患者」にするにはもう少し時間がかかるから。

小学生でもわかる!
「沖縄の怒り」をなくすのは、普天間基地廃止と辺野古移転撤回である。


短編映画「blind」(盲目)

短編映画「blind」(盲目)4分

天気予報で“放射能予報”が流れる東京の街を描いている作品です。

生活に染み付いたオシャレなガスマスク、子供のクビにある傷跡(チェルノブイリ・ネックレス)が痛々しい。

映画は「現実に目を閉ざすものは、未来に盲目である」という言葉で締めくくられています。

「何故、戦争に反対しなかったの?」と母に問いかけたことを思い出します。

「何故、原発に反対しなかったの?」と問われ、言い訳しないような生き方をしたいと思います。

918c98941ce48f22fad4b32cbe058e42e379c4d0_tn647x298


文部科学省に意見メールのお願い

文部科学省では、「高等学校の実質無償化及び高校奨学金」に対する意見・要望を受け付けています。

 ご意見・お問い合わせ 入力フォーム
 高等学校の実質無償化及び高校奨学金に関すること
https://www.inquiry.mext.go.jp/inquiry38/ 

下記は管理人が送付した内容です。参考にしてください。 ---------------------------
■件名:朝鮮高校にも差別なく授業料無償化適用を求めます。
 ■内容
 朝鮮高校だけに無償制度を除外しているのは「いじめ」にも似た、卑劣で明らかな民族差別であり、人権侵害です。

国連・人種差別撤廃委員会も懸念を表明し、人種差別撤廃条約の「教育に関する権利の平等保障義務」に違反していると警告し、改善を勧告しています。

 除外理由である「拉致」問題も本来外交で解決されるべきであり、政府の無策外交を教育問題にすり替えることを恥ずかしく思います。

日本社会には、朝鮮学校への差別が根強く存在し、政府による除外措置は、これを助長し煽りたてるものとなり、東京都や大阪府などが朝鮮学校への補助金支給凍結や見直しをするという事態さえ引き起こしています。

「高校無償化」制度を速やかに適用すると共に、朝鮮学校の生徒・関係者に謝罪することを要求します。 ---------------------------

 ■参考 「朝鮮学校無償化除外の動きに懸念 国連人種差別撤廃委」
 http://www.asahi.com/special/08001/TKY201003170003.html


20110302143306511
カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ