人権パッチギの会 松江

「パッチギ」とはハングルで「頭突き、突き破る、乗り越える」の意味です。 この会の目的は理不尽な現状を突き破り、壁を乗り越える活動を共に学び、共に行動する会です。

勉強会のお誘い

V20_MT

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
いま、一人ひとりが考え、発信するとき!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆テーマ:『今の私の生き方に影響を及ぼした出会いと学び』
      =人権の若樹に枝葉を=
日時: 9月23日(日)13:30~
講師:福原孝浩さん   案内チラシ
場所:松江市市民活動センター(スティックビル)201研修室
      松江市白潟本町 TEL:0852-32-0800
【講師紹介】
      ハンセン病市民学会会員
   NPO法人「多文化共生と人権文化LAS(らす)」理事
主催: 人権・平和パッチギの会

  最近の領土問題をめぐる騒ぎをみると、戦後から培われてきた人権・平和運動が、偏狭なナショナリズムの台頭するたびに一つ一つ芽が摘み取られているようで残念でなりません。

 あの時と同じように、勇ましい発言が繰り返されている今だからこそもう一度、領土問題をも含め、近代100余年の東アジア関係史・戦後67年を整理する作業が必要と考えます。
 そして、これまで歩んできた道のり、取り込んできた課題を今一度検証し、一人ひとりが考え発信することが今求められています。

 今回、1960年代に被差別部落の実態に触れ、1980年代に民族問題、2001年代からはハンセン病、沖縄、在外被曝者問題等に積極的に関わってきた益田市の福原孝浩さんを迎え、今までの活動の原点と生き様に触れる機会を企画しました。
 
 「私もひとこと言いたい!」と思っている人の参加と交流によって、新たな提言と発信のできる場としたいと思います。

  どうかお出かけくださいますようご案内いたします。

   会の名称「パッチギ」はハングルで「突き破る、乗り越える」の意味です。
  理不尽な現状を突き破り、差別の壁を乗り越える活動を少しずつ提案したいと思います。
  一人ひとりの個性や違いを尊重し、さまざまな文化や多様性を認め合い、すべての人の人権が尊重されるまちづくりを目指しています。

ETV特集『ルポ 原発作業員 ~福島原発事故・2年目の夏』


facebookからの転載です。
-----------------------------------
0819_04

ETV特集『ルポ 原発作業員 ~福島原発事故・2年目の夏』
放送日時:2012年8月19日(日) 22:00~22:59 Eテレ
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0819.html

毎日ミリシーベルト単位の被ばくをしながら、福島第1原発で事故処理作業にあたる地元出身の作業員たちの「日常」に密着取材。モザイクのかからない、彼らの素顔と肉声がリリカルに伝わってきます。被ばく限度量がせまり、「使い捨て」られることにおびえて未来が描けない。そして被ばくにより身体が蝕まれていくことへの恐怖・・・
震災前はほかの仕事をしていた若い作業員たちが、全国の原発を渡り歩いてきたベテランの作業員が、かつてない放射能汚染の中で働く不安を赤裸々に語ります。

広島局時代から企画を温めてきた池座ディレクターの執念の取材・・・、

廃炉まで40年はかかるといわれ今後5年間だけでも、のべ4万人の作業員が必要といわれる事故処理作業の
底知れない被ばくの闇を前に、せつなさで胸がつまります。

ぜひご覧ください。

七沢 潔
NHK放送文化研究所
http://www.facebook.com/kiyoshi.nanasawa
--------------------------------------------------------------

同じ建設業に従事するものとして心が痛みます。
5年、10年後にかならず被曝補償の問題が噴出します。
被曝労働者の追跡調査と補償は東電と国が全責任を負わなければいけない。

「直接的な因果関係が認められない」の言い訳を許すな!

写真展「釜ヶ崎劇場2011」のご案内

web-2011-01

写真展「釜ヶ崎劇場2011」

会期:平成24年7月14日(土)~7月16日(月祝)
   10:00~17:00(最終日は15時まで)
   入場無料
会場:島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)
          
http://museum.shimane-u.ac.jp/okudani.html
    (松江市松江市奥谷町140)
    駐車場がありません、バスをご利用ください。
主催:川上譲治さん 島根県浜田市出身
    釜ヶ崎劇場2011

単身生活者の暮らす街、
釜ヶ崎という劇場は激情である。
福祉という衣装、踊るという幻想。
そして人生の光と影、
表と裏の凝縮、
現実という非日常を写真に盗み撮りたい。
川上譲治

山陰中央新報

カテゴリ別アーカイブ
Welcome
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ